日焼けを【原因から抑える】!美白をキープする4つの鉄則とは!?

日焼けって、そもそもなぜ「肌が黒く」なるのでしょうか?

日焼けを予防するためには、まず原因を知り、その原因から抑えてしまえば「美白」をキープできちゃいますよね。

 

日焼け Sunburn

 

そこで、日焼けの原因を抑える方法をこっそり、ご紹介していきます。

日焼けのメカニズムなども一緒にお伝えしていきますね♪

 

 

日焼けを【原因から抑える】!日焼けのメカニズムとは?

 

日焼け Sunburn

 

日焼けとは、紫外線を浴びることによってお肌の色が「黒く」変化したり、炎症を起こすことをいいます。

この肌の色の変化は、体質などもあるので、人によって色の変化は異なります。

赤くなる人もいれば、黒くなる人もいます。(→「赤くなる人」と「赤くならない人」の違いってなに?)

 

また、もっと時間がたってから紫外線の影響を受けていることもあります。

それは「シミ」や「そばかす」として肌表面にあらわれてくるのも「日焼け」の症状です。

 

 

日焼けを引き起こす紫外線の種類は2種類あります。

それは紫外線A波と紫外線B波の2つで、お肌に与える影響が少し違います。

 

紫外線A波がシミやシワ、たるみを作る!?

紫外線A波は肌の奥深く真皮まで届き、肌内部に活性酸素を作りだします。

そうなると、DNAを傷つけたり、コラーゲンやエラスチンも破壊し、シワやたるみなどの肌老化を招きます。

 

しかも!!

窓ガラスや雲も突き抜けるため、曇りの日や室内でも注意が必要です。

お肌を潤す機能を乱しやすく、日焼けの数年後に肌表面にトラブルが見られることが多いです。

 

紫外線B波がそばかすと黒い肌を作る!?

紫外線B波は肌の表面が赤くさせ、炎症を引き起こします。

肌を黒くするのは紫外線B波の影響です。

肌表面に発生した活性酸素は、紫外線を浴びなくても過剰なメラニン色素をつくり、やがて色素沈着となりシミやソバカスの原因に。

 

シミやシワなどの、肌トラブルを引き起こす紫外線A波。

お肌を黒くしてしまう紫外線B波。

この2つの紫外線が、日焼けと大きく関係しています。

 

 

日焼けでお肌が赤くなる理由

 

日焼け Sunburn

 

日焼けで肌が赤くなると、ヒリヒリしたり、風が当たるだけで痛くなることもあります。

酷い場合は発熱につながったり、水ぶくれなどができることも。

 

こういった「肌が赤くなっている」ときは、炎症を起こしています。

いわば、「やけど」と同じ状態なのです。

 

お肌が赤くなるのは、紫外線の影響で血管が広がって、肌の細胞が傷つくことが原因!

 

 

紫外線B波の影響で、血管が広がると、血液の量が増えます。

すると、お肌が赤くなって見えるのです。

特に、紫外線への耐性が低いと、皮膚の細胞が傷つきやすく、赤みや痛みの原因になります。

 

また、炎症を起こしやすい人は、メラニン色素が少ない場合が多いです。

そのため、紫外線を浴びたときに肌を守り切れず、紫外線の影響をより強く受けてしまいます。

そうなると、肌の奥にある真皮まで紫外線が浸透してしまい、シミやシワの原因になることがあります。

 

 

日焼けでお肌が黒くなる理由

 

お肌が赤くなり、炎症を起こした後の肌は「黒く」なる場合が多いです。

それは、紫外線を浴びることで、肌の一番表面にある角質層がバリア機能を働かせます。

紫外線を肌の奥まで侵入させないようにするためです。

 

この時に、角質層は守りを強くするために、角質を厚くします。

しかし、それを通り越して肌の奥まで入ってきた紫外線に「メラノサイト」という細胞が反応します。

紫外線A波 B波
出典:ロート製薬公式サイト

 

メラノサイトは、メラニン色素を作る親です。

メラノサイトは、メラニン色素をたくさん作って、紫外線をメラニン色素に吸収させようと働きかけます。

メラニンが働くことによって、紫外線を真皮に影響させないようにするためです。

メラニン色素は、「シミ」や「シワ」を作る原因が真皮に入ることを抑制しようとしてくれているということ!

 

しかし、この働きによって、メラニン色素が増えてしまいます。

メラニン色素は「黒くみせる」という特長があるので、肌表面の色が黒く変わってしまうのです。

肌が黒くなるのは、お肌を守ろうとする「メラニン色素」の頑張りの証拠だったんですね。

 

 

メラニン色素と紫外線の影響

 

日焼け Sunburn

 

お肌を黒くさせているだけかと思われがちなメラニン色素。

しかし実は、メラニン色素はお肌の深刻な問題を防ぐために働いてくれていたんです。

お肌を守ってくれるメラニン色素がなくなったら大変!

でも、お肌を黒くするのもメラニン色素なんだよね・・・?

衝撃 ショック

 

そうなんです!

メラニン色素を失ってしまっては、お肌を深刻な肌トラブルから守れなくなってしまいます。

 

しかし、メラニン色素が増えると肌が黒くなったりしますl

そのため、メラニン色素が生成されない状態が最も理想的であり、日焼けの原因を防ぐことになります。

 

メラニン色素の排出を抑えるには・・・?

最も効果的で簡単な答えは「紫外線に長く当たらない」こと!!

 

 

ごくごく当然のように思いますが、これが最も理想的です。

それには理由があります。

 

強い紫外線に当たると、「シワ」や「たるみ」の原因になるだけではありません。

新しい細胞を生み出すターンオーバーに影響を及ぼし、肌の透明感を奪うことにもつながります。

また、色素沈着としてシミを肌に蓄積させたり、お肌を潤しているコラーゲンなどの細胞が破壊されます。

そうなると、シミやシワ以外にも、肌の水分量が減り、肌が硬く、老けて見えるようになるのです。

 

こういった紫外線の影響を防ぐためにも、強い紫外線には当たらない、長時間紫外線には当たらない、ということが必要になります。

でも、生活をしていくうえで「紫外線に当たらない」というのは難しいですよね。

 

そこで!!

できるだけ紫外線の吸収を防ぐ4つの方法をご紹介します!!

 

 

日焼けを【原因から抑える】!美白をキープする4つの鉄則とは!?

 

日焼けを原因から抑えるには、必要なことが4つあります!

美白をキープするためにも、ぜひ参考にしてみてください♪

 

日焼け予防グッズを使用する

 

日焼け Sunburn

 

日焼け予防のグッズを使用して、できるだけ直接紫外線が肌に当たらないように工夫をします。

 

  • ツバの長い帽子
  • 日傘
  • UVカット効果のある服

 

これらを上手に活用して、お肌に負担をかけないで紫外線予防をすることができます。

また、日陰を利用したり、紫外線の強い時間に出かけないようにすることで、紫外線が当たることを防ぐことができます。

 

日焼け対策を行うには、状況に合わせてお肌を守る方法を調整することです。

日常生活であれば、日焼け対策グッズが比較的使いやすいと思うので、こういったもので対策をしていきましょう!(→日焼け予防はこれで完璧!紫外線予防6つのポイント)

 

 

日焼け止めを使用する

 

日焼け Sunburn

 

そして、日焼け対策グッズで防げない状況のとき、一番役に立つのは日焼け止めです!

でも、心配なのはお肌への負担ですよね。

 

大丈夫です。常に高い効果の日焼け止めを使う必要はありません。

状況に合わせて、SPFとPAを変えていきましょう。(→日焼け止めのSPFとPAってなに?シュチュエーション別に使い分け♪)

使い分けをすることで、日焼け止めによるお肌への負担は軽減されます。

 

それに、日焼け止めを常に塗っていることがベストとも言えないのです。

日焼け止めを使い続けると、お肌にビタミンDが生成されなくなり、別の問題が発生する可能性があります。(→ビタミンDが不足する!?どんな問題が起こるの!?)

適度に紫外線に当たることも必要な場合があるので、日焼け止めを上手に取り入れていくことが理想的です。

 

もし、海水浴やスポーツなど、強い紫外線に当たることがある場合は、日焼け止めを使うのがおススメです。

日焼け止めの効果を発揮するためにも、塗り直しなどもしていくとよりGOODです!(→日焼け止めって塗り直しが必要?どれくらいで塗り直すのがベスト?)

 

また、アナタの身体や環境にマッチした日焼け止めを使うことで、使い心地もアップします♪

アナタの好みに合わせて選ぶことで、日焼け止めも苦痛じゃなくなるかもしれません。

 

 

美白化粧水を使用

 

日焼け Sunburn

 

美白化粧水って、日焼け後に使うんじゃないの?と思われがちですが、実は紫外線に当たる前に使うことで効果を発揮してくれます♪

美白化粧水や、美白化粧品には「美白成分」が含まれています。

この美白成分は、紫外線を吸収した後に「メラニン」が排出されるのを抑えてくれます。

 

そのため、美白化粧水を使用していることで、お肌が黒くなりにくくなるのです。

日焼け止めのような効果はありませんが、通常の化粧水などを使用するよりも「美白」への効果が高いです。

普段から美白化粧水を使用することで、紫外線に当たってもメラニン色素の排出を抑えてくれるのでおススメですよ♪(→断然おススメ、美白化粧水ならコレ!ランキングTOP3)

 

ただ、注することもあります。

もし日焼けをしてしまった場合は「美白化粧水」は1週間ほどお休みをしてください。

日焼け後のお肌はとっても敏感でデリケートです。

美白化粧水は日焼け後のお肌にとって刺激になることがあり、それが原因で肌トラブルを起こすことがあるからです。

 

そのため、日焼け直後のお肌は刺激が低く、保湿効果の高いものを使う必要があります。

日焼け直後のお肌には「ホホバオイル」や「敏感肌用の化粧水」などがおススメです。(→敏感肌用の化粧水、おススメランキング)

日焼けの炎症が落ち着き、赤みが引いたら美白化粧水を使ってもOKです。

目安はだいたい3日~1週間後くらいからになります。

 

 

飲む日焼け止めを活用♪

 

日焼け Sunburn

 

そして、最終兵器が「飲む日焼け止め」です!!

飲む日焼け止めって、本当に紫外線をかっとする効果があるの?と疑問に思いますよね。

 

飲む日焼け止めの効果は、紫外線A波に発揮されます。

そのため、お肌を黒くする紫外線B波には効果を発揮できません。

だから、日焼け止めのように「肌を黒くすること」を防ぐことができないのです。

 

しかし!!

飲む日焼け止めは「シミ」や「シワ」などの、肌トラブルの原因になっている紫外線A波をカットすることができます。

そのため、紫外線に当たっても紫外線が真皮に侵入するのを防いでくれます。

 

また、飲む日焼け止めには美白効果のある成分も含まれています。

身体の内側から「美白成分」を取り入れることで、メラニン色素の働きを抑えることができます。

メラニン色素が過剰に排出されることが「色素沈着」や「シミ」の元になっているので、それらを根本から予防することができるのです。

 

しかも!!

お肌に負担をかけることなく美白活動ができますよね。

それに、飲む日焼け止めには「美肌」成分も含まれています。

そのため、通常のサプリメントよりもお肌に対する「美白」「美肌」効果が期待できちゃうのです。

 

 

日焼けを原因から抑えて美白をキープ!

 

日焼け Sunburn

 

日焼けを根本から抑えるためには、やはり紫外線をカットすることがベストです。

できるだけお肌に負担をかけないように、なおかつ強い紫外線はしっかりカットする必要があります。

 

生活スタイルは一人ひとり違うので、できるだけアナタのスタイルにマッチした方法を見つけると続けやすいですよね。

お肌にはターンオーバーの周期があるので、継続することが大切です。

どうしても日焼けしてしまった!という場合は、こちらも参考にしてみてください♪(→日焼け肌を白くしたい!すぐに治す10のポイント)

 

また、ある程度の紫外線に当たる必要もあります。

それはビタミンDの生成と関係があります。

ビタミンDは身体にとって欠かすことのできない栄養素です。

ぜひ、アナタの身体のためにもビタミンDをしっかりと取り入れていってください。(→知らないと危険!?ビタミンDがもたらす体への影響って?)