日焼け止め【SPF30】や【SPF50】の効果はどれくらい?

日焼け止めにはSPFという数値が表示されていますが、どんな基準でこの数字を選んだらよいのか迷っちゃいますよね。

数値が高いほどお肌負担がかかるイメージはありますが、実際どれくらいの効果や肌への負担がかかるかイメージがしずらいものです。

 

日焼け Sunburn

 

そこで、今回はこのSPFの数値の意味と、どれくらいの効果があるかご紹介していきます。

どんなシュチュエーションで使い分けるかもご紹介していきます。

 

 

日焼け止めの表示【SPF】と【PA】の2種類の意味とは?

 

日焼け Sunburn

 

日焼け止めには「SPF」「PA」の2種類の数値の表示がされています。

「SPF」には数字が、「PA」には「+」マークでどれくらいの効果があるかを示してくれているんです。

 

なぜ2つの種類が表示されているかというと、私たちの肌に影響を及ぼす紫外線が2種類あるからなんです。

この2種類の紫外線が肌に与える影響がことなります。

まずは、「日焼け止め」でアナタが求めている効果を得るためにも、「どの数値」が「何に効果がある」かを知っておきましょう♪

 

 

紫外線の種類と、SPF・PAの意味

 

実は、紫外線には3種類の紫外線があります。

ただ、現状ではお肌に影響を実際に与えているのは「2種類」です。

その2種類の紫外線とは、紫外線A波と紫外線B波のことです。

紫外線C波もあるのですが、全世界の中でも南極の一部や、本当にごくわずかな地域のみ降り注います。

 

紫外線A波とB波は、肌に与える影響が違います。

そのため、それぞれを分けて「予防」する必要があるのです。

 

SPFとPAという2種類の紫外線予防数値が表示されているのは、防ぐ紫外線が2種類あるから♪

それぞれの数値の意味と、紫外線の影響を見てみましょう。

 

 

日焼け予防!紫外線A波とPAの効果

 

「シミ」や「シワ」「たるみ」の原因を作る紫外線A波(UVA)

紫外線A波は肌の奥深く真皮まで届き、肌内部に活性酸素を作りだします。

そうなると、DNAを傷つけたり、コラーゲンやエラスチンも破壊し、シワやたるみなどの肌老化を招きます。

 

波長が長い分、肌の奥深くまで到達し、様々な影響を及ぼします。

シミやシワの発生に大きく影響します。

紫外線A波 B波
出典:ロート製薬公式サイト

 

しかも!!

紫外線A波は窓ガラスや雲も突き抜けるため、曇りの日や室内でも注意しなければなりません。

室内にいても「シミ」や「たるみ」を予防するためには、紫外線対策をする必要があります。

 

さらに!!

A波は1年間安定して降り注いでいるのです。

シワやたるみが気になる方で、特に!室内の窓際にいる方や外に出ることが多い方は冬もしっかりUVケアをしていただきたいです。

 

紫外線A波は日焼け止め【PA】

PAとは「Protection Grade of UVA」の略。紫外線A波を防ぐ効果の程度を表す指標です。

「PA++++」などと表記され、+の多さがUV-Aに対する効果の高さを示します。

紫外線A波は雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので、曇りの日も日当たりの良い家の中でもしっかり紫外線A波(UVA)を防ぐことが必要なのです。

 

ただ、「PA」には具体的な数値は表示されていません。

紫外線A波をカットする効果を4段階で表示しているだけです。

そのため、見分けるのも少しカンタンですね♪

 

表示  効果
PA++++ 極めて高い効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++ かなり効果がある
PA+ 効果がある

 

+の数が多いほど紫外線A波(UVA)を防ぐ効果が高くなっています。

紫外線A波は私たちの皮膚細胞を壊す力を持つほどの影響力を持っています。

しかも、シワやシミの原因にもなります。

 

アンチエイジングを気にされている方は、このPAの表記をしっかりと見て、日焼け止めを選ぶ基準にしてみてください♪

また、紫外線A波を防ぐには「飲む日焼け止め」もおススメです!

お肌に塗らずに、皮膚の奥に浸透する紫外線をカットしてくれるので、シミやシワの予防に最適ですよ♪(→飲む日焼け止めって?効果はあるの?)

 

 

日焼け予防!紫外線B波とSPFの効果

 

シミやそばかすを作る紫外線B波(UVB)

紫外線B波は肌の表面が赤くさせ、炎症を引き起こします。

肌表面に発生した活性酸素は、紫外線を浴びなくても過剰なメラニン色素をつくり、やがて色素沈着となりシミやソバカスの原因に。

日焼けをした後に、すぐに症状を感じやすいので、「レジャー紫外線」とも言われています。

 

このように2種類の紫外線が、私たちの肌へ影響を及ぼしています。

「シミ」や「シワ」「くすみ」「そばかす」といった肌トラブルは、主に紫外線A波が作り出しています。

しかし、お肌を黒くしたり、炎症を起こすのは紫外線B波です。

 

紫外線B波は日焼け止め【SPF】で!

SPFは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、主に紫外線B波の防止効果を表す目安の数値です。

日やけ止め製品のパッケージなどで見かける「SPF50」や「PA++++」などの表示されています。

SPFとは「時間」ではなく防御力(強さ)を表しています。

 

日焼け止めの【SPF】とは、数字が大きいほど効果が高くなります。

この数値の意味ですが、紫外線が当りだしてから日焼けしてしまうまでの時間を遅らせる効果があります。

日焼けとは、紫外線に当たり始めてすぐに日焼けをするわけではありません。

 

 

日焼けをするまでの時間

人によって個人差はありますが、だいたい10~20分紫外線に当たり続けると日焼けを始めます。

 

 

この日焼けをするまでの時間を、遅らせることができるのがSPFです。

例えば、【SPF30】という数値だと、通常日焼けをする時間までを30倍遅らせることができる、という意味です。

同じSPF30の日焼け止めを使ったとしても、個人差があるので結果がも違ってきます。

 

同じ【SPF30】の日焼け止めを使った場合

 

このように、個人差があります。

紫外線を浴びて、そのあとに肌が赤くなりますね。

その赤くなるまでの時間を何倍遅らせることができるか、という数字がSPFなんです。

 

数字は大きくなるほど効果は高く、最大50+(SPFが51より大きい)と表示されます。

残念ながら、実際に100%紫外線がカットできるものではありません。

 

 

日焼け止め【SPF30】や【SPF50】の効果はどれくらい?

 

日焼け Sunburn

 

日焼け止めの表示【SPF】と【PA】を上手に状況に合わせて使い分けることが、お肌への負担を減らすことにつながります。

日焼け止めを使い分けるポイントは2!

 

  1. SPFの目安はどれくらいの時間、紫外線を浴びるかどうか。
  2. PAの目安はどれくらいの予防効果を求めるか

 

しかし、「PA」のように段階で表示をしてくれるとわかりやすいのですが、「SPF」のように計算が必要だと難しく感じますよね。

販売されている多くの日焼け止めには「SPF30」や「SPF50」のものが多いです。

 

それは、シュチュエーションや肌質に合わせて使い分けることができるようになっています。

選び方のポイントは、通勤やおつかいなど1時間以内のお出かけには【SPF20】や【SPF35】くらい、【PA++】くらいで十分です。

 

1時間以上のレジャーやスポーツには【SPF50】以上を使うことをおすすめします。

もっと詳しいものは、下の図を参考にされてみてください。

 

SPFとAPの数値で使い分ける日焼け止めの数値
出典:環境省

 

【SPS】と【AP】の数値が高い方が、日焼け防止の効果や時間が長く効果的です。

しかし、値が高ければ高いほど肌への負担がかかります。

日焼けを気にしすぎて肌への負担を重くしてしまっては本末転倒

 

それに、日焼け止めは肌に触れないようにしていていも、少しずつ落ちていってしまいます。

適度な塗り直しが必要になります。

 

塗り直したり、化粧直しで日焼け止めを受けから塗りたすことで、きちんと効果を発揮してくれます。

こういった塗り直しをきちんとすることで、SPFの数値を高めなくても「効果」を発揮することができるのです。(→日焼け止めの塗り直し時間はどれくらい?)

 

塗り直しができない状況や、スポーツや海水浴などの「水」「汗」の影響を受けるような状況のときは、「汗水」に強いタイプの日焼け止めを選びましょう。

そういったタイプのものは強い効果と、高い数値を持っている日焼け止めが多いです。(→絶対に焼けたくない!最強の日焼け止めランキング)

 

ただ、日焼け予防をすることが「メリット」とも限らないんです。

実は、日焼けをしないと体に悪影響を及ぼすこともあるって知っていましたか?

 

 

正しく行う日焼け予防!間違えると体に悪影響が!?

 

日焼け Sunburn

 

実は、日焼けをすることが必要な場合もあるんです。

もちろん、紫外線は「シミ」「シワ」の原因を作り出すので「紫外線に当たらない」ことが最も理想的な予防方法です。

 

しかし、紫外線に当たることでメリットもあります。

紫外線に当たると体が反応し、ビタミンDを生成します。

このビタミンDが一酸化窒素と結びつくことで、「ダイエット効果」を発揮してくれるのです。(→日光ダイエットのやり方)

 

また、日光に当たることで「幸せホルモン」が体内で分泌されます。

すると、暴飲暴食を防ぐ傾向にあるんです♪

 

しかも、紫外線に当たらないとビタミンDは生成されません。

日焼け止めを塗っている状態で紫外線に当たっても、ビタミンDは生成されないのです。

そのため、ビタミンDが不足すると「骨粗しょう症」の原因になることも。

 

ということは、紫外線を防ぎすぎてしまうと「体に悪影響を及ぼす」こともあるんです。

紫外線予防をしながら、ビタミンDをどうやって体に取り入れるかご紹介していきます。