日焼けで病気に!?症状や身体への影響は?

日焼けをすると、お肌が黒くなったり赤くなったりして、肌に影響が出ますよね。

でも、実はそれ以上に「病気」として身体に影響を与えることがあるという噂が!

いったいどんな病気になるのでしょうか?

 

日焼け Sunburn

 

また、日焼けが原因で起こる症状や身体への影響とはどんなものなのでしょうか?

日焼けが原因で体に起こる症状や影響をご紹介します。

 

 

日焼けで病気に!?症状や身体への影響は?

 

日焼け Sunburn

 

紫外線や日光に当たることで、体には影響が出ます。

それは「日焼け」をはじめとする「体を守るため」の反応や、「体をよくするため」の反応があります。

しかし、それ以外にも体は良い影響と悪い影響を受けることがあります。

 

紫外線や日光で「一時的に悪くなる」病気や症状

 

日焼け Sunburn

 

日光に当たると悪化する皮膚炎

 

日光に当たると皮膚炎が起こる場合があります。

光線過敏症は紫外線が皮膚に吸収されると「ぶつぶつ」ができたり、蕁麻疹や湿疹ができます。

 

このような皮膚炎はいくつか種類があります。

日焼け止めで防げるものと、防げないものがあるので、もし思いたる症状がある場合は皮膚科での診察をしてもらいましょう。(→赤いぶつぶつ、かゆみ、皮膚炎でどんな症状が?)

 

日焼け

 

紫外線に当たったら「日焼け」をするのは当たり前、と思っていますよね。

でも、紫外線の強い刺激を受けることで「軽い火傷」状態以上にひどくなることがあります。(→日焼けのメカニズムってどうなってるの?)

 

酷い場合だと「寒気」「発熱」などを引き起こし、風が吹くだけで皮膚に痛みが走ります。

そうなった時には必ず病院を受診するようにしてください。(→日焼けで発熱や寒気?応急処置ってどうすればいいの?)

 

免疫力の低下

 

紫外線は免疫力を低下させ、感染症などの病気にかかりやすい状態にしてしまいます。

日焼けをしたお肌は、とっても乾燥していて、通常よりも外からのダメージを受けやすくなっているんです。

そんな時に感染症の菌が肌から入ると、体は防御力が低下しているので防ぎきれません。

 

強い紫外線を浴びると、口角や唇にヘルペスができやすくなります。

それは免疫力が低下しているからだと考えられています。(→日焼け後に【疲れ】を感じるのはナゼ?回復させる3つのポイント!

 

目への症状

 

紫外線に当たりすぎると、目にも影響を及ぼすことがあります。

それは、目からも紫外線を吸収するからです。

 

強い紫外線を浴びると、目が受血し、急性の紫外線角膜炎を引き起こします。

また、定期的に強い紫外線を浴び、充血をそのままにしていると「失明」につながる可能性もあります。(→充血を放置すると失明することも!?)

 

 

紫外線や日光で「慢性的に悪くなる」病気や症状

 

日焼け Sunburn

 

紫外線の影響は、すぐに表れる「日焼け」以外にも20~30年後になってから表れる「慢性的」な症状もあります。

そういったものはすぐに症状として現れないので注意が必要です。

 

シミ、シワ、くすみ

 

こういった肌トラブルは慢性的な皮膚への障害です。

紫外線は肌をくすませる原因となり、肌の弾力を低下させます。

 

そのため、紫外線が原因で見た目の「老化」が進んでしまいます。

また、シミやシワなどの原因である「メラニン」の色素沈着が進行したり、シミが少しずつ大きくなることがあります。(→肌が赤くなる=シミになる?)

 

皮膚がんの

 

皮膚がんである「メラノーマ」や「基底」になる可能性があります。

「黒い斑点」のような症状なので、ほくろと間違える可能性もあります。

 

皮膚がんによって亡くなる方の約80%がメラノーマによるものです。

基底は主にお年寄りに発症しやすく、皮膚の下にある「筋肉」や「骨」にまで深く侵入することがあります。

しかし、転移の可能性は低く、亡くなる人も少ない病気です。(→黒い斑点!これってガン?)

 

 

紫外線や日光で「良くなる」病気や症状

 

日焼け Sunburn

 

紫外線に当たると、悪いことがたくさんあるように見えますが、実はよいこともあります。

紫外線や日光に当たることで、良くなる病気や症状もあるのです。

 

皮膚病の改善

 

日光に当たることで改善される皮膚病があります。

主に、乾癬とアトピー性皮膚炎が代表です。

 

どちらも、紫外線によって細胞増殖抑制、免疫抑制効果が働いて改善効果があります。

カスピ海沿岸では乾癬患者が保養と治療をかねて日光浴をするほどです。

 

ただし、日光が有効だからと言って、一度に急激な日焼けをすると逆効果になることがあります。

あくまでも適度な日光浴を行うようにしましょう。

 

それから、アトピー性皮膚炎と一緒に「日光過敏症」を合併している人もいます。

このような人はむしろ日光を避けなければいけません。(→キレイな日焼けをする方法で、適度に日光浴)

 

 

コレステロールの低下とダイエット効果

 

紫外線を浴びることによって、体内のコレステロールが合成され「ビタミンD」が生成されます。

そのため、コレステロール値を減少させ、ダイエット効果のある「ビタミンD」を体内で増やすことができるのです。

 

また、日光を浴びることで「幸せを感じる」セロトニンが分泌されるため、「暴飲暴食」を防ぐことができます。

紫外線と日光を程よく浴びることで、ダイエット効果が見られます。(→正しい日光浴ダイエットの方法は?)

 

骨粗しょう症予防

 

紫外線を浴びることで「ビタミンD」が生成されます。

このビタミンDは、カルシウムを体内に留めて、吸収を助ける役割があります。

そのため、骨粗しょう症を予防することができるのです。

 

逆に言えば、紫外線を浴びなさすぎると「ビタミンD」が不足し、骨粗しょう症のリスクが高まります。

上手に紫外線と付き合うか、ビタミンDを体内に取り入れていく必要があります。(→ビタミンDが不足すると、実は相当ヤバい!?)

 

 

日焼けでと上手に付き合う!

 

日焼け Sunburn

 

日焼けは「悪い影響」も「良い影響」も持っています。

そのため、アナタの身体に合った付き合い方をする必要があります。

 

どうしても紫外線に当たることができない肌質や体質の場合は、しっかりと紫外線や日光の予防をする必要があります。(→紫外線予防は6つのポイントを押さえるだけ!)

逆に、適度に紫外線を浴びたいアナタは、日焼けのし過ぎに注意する必要があります。(→もし日焼けしすぎたら!?正しい日焼け後の対処は「冷やす!?」)

 

体への影響を知っておくことで、これからのアナタの身体の調子も変わってくるかもしれません♪

上手に日焼けと付き合っていきましょう。