日焼けの色素沈着!予防と元の肌の色に戻すためにするべきこと!

日焼けをして、そのまま色が定着してしまったり、シミになってしまったり。

紫外線を受けた影響はあとあと肌に残っていきます。

でも、どんな状態を日焼けの「色素沈着」というのでしょうか?

 

日焼け Sunburn

 

また、どうやって予防すると効果的なのか?

どうやって本来の肌の色に戻したらいいのか?

わからないことも多いですよね。

そこで、色素沈着についての疑問を1つずつ解消していきますね♪

 

 

日焼けが原因の色素沈着とは?

 

私たちの肌は、刺激を感じるとメラニン色素を生成して肌を守る防御機能があります。

この時に過剰に分泌されたメラニン色素が表皮や真皮に沈着して、色素沈着が起こってしまうのです。

 

日焼けが原因の色素沈着は、炎症後色素沈着!

日焼けで色素沈着した場合は、茶色いシミが残ります。

メラニン色素は通常、皮膚の外側に押しだされて少しずつ消えていきますが、紫外線を浴び続けたり、ターンオーバーが正常に行われないと消えにくくなります

 

しかも!!

間違ったことをしているとターンオーバーでは消えずに残りやすい原因になります。

 

  • 間違ったケア
  • 肌機能の衰え
  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ

 

色素沈着は、肌が炎症を起こした後にできるものなので、炎症後のケアや肌トラブルにも左右されてるのです。

だからこそ、炎症を起こした後に行う紫外線予防やケアが重要になってきます。

 

 

日焼けでの色素沈着!予防と本来の色に戻すには?

 

色素沈着を予防するには、紫外線対策は必須です!

色素沈着を悪化させたり、増やしたりしないためにも、日焼け後の72時間が勝負です!!

そして、正しい肌ケアをすることで本来の色に近づくことができます。

 

できるだけ早く冷やす!

 

日焼け Sunburn

 

色素沈着の原因は肌の炎症です。

炎症した部分を冷やしたり、抗炎症作用のある薬やスキンケアをすることで炎症を最小限に抑えましょう。

 

  • 冷たいシャワーを浴びる
  • タオルでくるんだ氷や保冷剤で冷やす
  • 氷水で冷やした濡れタオルを当てる

 

このように、日焼けをした部分をしっかりと冷やしていきましょう。

氷や保冷剤などは直接肌に当ててしまうと、皮膚組織にダメージを与えてしまうので、タオルなどでくるんで冷やします。

火照りがとれるまで冷やします。

 

洗浄・保湿をしっかり!

 

日焼け Sunburn

 

日焼けをしている肌は、水分がなくなってとっても乾燥しています。

1の方法でしっかりと冷やして火照りがとれたら、洗浄・保湿などのスキンケアをしっかり心掛けましょう。

保湿をサボるとシミの原因に!?

この時にしっかりと水分をお肌に与えてあげることで、シミやシワの予防になります。

お肌のシミは乾燥が最大の理由といわれています。

ただこの時には、お肌がとっても敏感になっているので、刺激の少ないものを使います。

 

例えば、敏感肌のための化粧水や保湿液を使ってくださいね。

美白系の化粧水は、日焼け直後のお肌には刺激が強すぎます。

日焼けした後の数日は敏感肌用のものを使い、数日後にお肌の状態が落ち着いたら美白系のものを使ってください。

 

注意するポイント!

保湿をするときに刺激を与えてしまうと、それもお肌の悪影響になります。

いつもよりも2~3倍多い量を手に取り、手でしっかりとお肌になじませていきましょう。

ナイロンタオル、ボディブラシ、コットンなどで肌をこすることも厳禁です!

特に、骨の上などの出っ張っている部分に色素沈着が起こりやすくなります。

 

できるだけ優しくケアをしていきましょう。

また、保湿をした後に油分で蓋をして潤いをキープしてあげると、より効果的です。

私個人的にはホホバオイルがとてもおススメです。(ホホバオイルについてはこちら)

 

 

規則正しい生活をすること

 

肌のターンオーバーを整えることが、お肌の免疫力を高めることにつながります。

  • 偏食
  • ストレス
  • 睡眠不足

によって、お肌のターンオーバーは崩れてしまいます。

ビタミン類を積極的に摂取して、バランスのとれた食事をしましょう。

不規則な生活を改善することで、お肌の改善に効果的です。

しかも、紫外線に当たっときにも「紫外線の影響を防ぐ」免疫力を高めておくことで、肌トラブルを抑える役割をしてくれます。

 

日焼けでの色素沈着!予防・肌ケアで元の肌に!

 

日焼け Sunburn

 

紫外線で受けた影響は、日焼けとしてすぐに肌にあらわれます。

しかし、もう一方で肌の奥深くまで入り込んだ紫外線は、じわじわとゆっくり肌に浸透していきます。

時間がたってから、その影響でシミやシワとして肌表面にあらわれるのです。(紫外線について詳しい内容はこちら)

 

できるだけ日焼けの後は肌をしっかりとケアすることで、シミやシワ、そして色素沈着を防ぐことができます。

ただ、どうしてもケアが大変・・・という場合は、事前に正しい日焼け止め対策をして紫外線を防いでおくことも一つの方法です。

あるいは、飲む日焼け止めを使ってお肌を守るのも手間が減って便利です。

飲む日焼け止めはサプリメント効果もあるので、私自身も使っていますし、おススメですよ♪(詳しい飲む日焼け止めについてはこちら)