日焼け止めの落とし方!知らずにやってた、肌トラブル3つの症状!?

日焼け止めは正しく使うことで、紫外線のメリットをしっかりと身体に与えることができる魔法のアイテムですよね。

紫外線のデメリットを防いでくれる素晴らしいものですが、きちんと落とさないと肌トラブルにつながることも!

 

日焼け Sunburn

 

正しい日焼け止めの塗り方があるように、正しい日焼け止めの落とし方もあります。

正しい日焼け止めの落とし方を最後にご紹介していきます。

知らずにやっていた肌トラブルを知ることで、しっかりと改善していきましょう♪

 

 

日焼け止めが落としきれてない!?肌トラブルを起こす原因成分!?

 

日焼け Sunburn

 

日焼け止めを落としきれていないと、肌トラブルにつながっていきます。

日焼け止めに含まれている、ある成分が肌トラブルを起こします。

どうして日焼け止めをしっかりと落とす必要があるのかどうか。

どんな肌トラブルにつながるのか、そして肌トラブルの症状3つをご紹介ていきます。

 

日焼け止めに含まれる、アノ成分が原因だった!

 

日焼け止めに含まれる、界面活性剤、紫外線吸収剤が肌トラブルを起こす原因になっています。

ただ、一概にこの2つの成分が悪い!というわけではありません

長時間肌に触れたり、肌に残ってしまうことがトラブルの原因になります。

界面活性剤とは?

水と油を同じ器に入れても、完璧に混ぜ合わせることができません。

界面活性剤は、油と水の両方の成分を持っています。

そこで、界面活性剤を使って「水と油」のように、本来混ぜ合わせることができないものを混ぜ合わせることに使います。

あるいは、汚れを落とす洗浄の働きもするので、石鹸などにも含まれていることもあります。

 

紫外線吸収剤とは?

紫外線を吸収して、肌への紫外線を減らしてくれる素材です。

化学合成された成分で、紫外線が当たると紫外線吸収剤が紫外線を吸収し、化学反応を起こさせます。

この化学反応が起こることにより、肌が熱を感じることなどはありませんが、敏感肌の方が「肌荒れ」を起こす原因になることがあります。

強い紫外線予防効果があるのは、紫外線吸収剤が入っている日焼け止めになります。

 

この紫外線吸収剤の研究が進み、肌への刺激が最小限に抑えられるようになってきました。

日焼け止めにも種類があるので、ほかの正しい予防策とともに参考にしてみてください♪

では、この2つが肌に与える影響はどんなものなのか、ご紹介していきますね。

 

 

日焼け止めが落としきれてない!?肌トラブル3つの症状!

 

日焼け止めの成分で、肌がかぶれる

 

日焼け Sunburn

 

紫外線吸収剤や界面活性剤が肌に残っていることで、肌がかぶれることがあります。

肌のかぶれの症状は、最初にむくみを感じることが多いです。

そして、痛みやぶつぶつが出てくるようになります。

 

  1. むくみが出る(塗った部分が膨らんでいる・腫れている)
  2. 赤み(むくみを感じた場所に赤みが出てくる)
  3. 痛み(触ったり擦れたりしたとき患部に痛みを感じる)
  4. かゆみ(治りかけたと感じたときに出やすい・ぶつぶつが出る)

 

ヒリヒリした痛みや、ぶつぶつが出てかゆくなることもあります。

いつもより顔がむくんでいるかも?と思った時には、「かぶれている」かもしれない?と疑ってみましょう。

 

かぶれた時の詳しい対処方法や、予防方法はこちら!

日焼け止めでかぶれた!応急処置・治し方と予防方法

 

肌が乾燥!シミやしわができる

 

日焼け Sunburn

 

肌が乾燥はシワやシミができやすい一番の条件です。

日焼け止めを長時間つけていると、肌が乾燥しているときと同じ状態を作り出してしまいます

界面活性剤が肌のバリア機能を崩し、保湿の機能が上手に働かなくなります。

 

そうなると肌が乾燥し、シミやシワの原因になるのです。

粉っぽい日焼け止めなどは、サラサラな日焼け止めに比べて水分や皮脂を吸収しやすいので、更に乾燥しやすくなるので注意が必要です。

シミやシワをしっかりと予防するためには「乾燥」をしっかりと予防する必要があります。(→敏感肌でも使える!おススメの化粧水)

 

毛穴が塞がってニキビができる

 

日焼け Sunburn

 

日焼け止めの成分が肌に残っていると、毛穴がふさがってしまってしまいます。

しかも!

ウォータープルーフの日焼け止めなどは優れているからこそ、水や汗などでも落ちにくくなっています。

それが毛穴をふさぐ原因になってしまうのです。

 

もともとニキビができている場所に日焼け止めを塗ると、炎症を起こしてニキビを悪化させる可能もあります。

ただ、ニキビ跡に紫外線が当たるとシミになりやすいので、ニキビ跡には要注意です!

肌の調子や状況に合わせて、日焼け止めを使い分けるといいですね。

状況に合わせた日焼け止めの選び方をご紹介しているので、そちらを参考にしてみてください♪(→ニキビを防ごう!ジェルタイプの日焼け止めがピッタリ)

 

 

日焼け止めが落とし切りたい!何を使うといいの?

 

日焼け Sunburn

 

3つの肌トラブルが起こること、そして肌トラブルの原因がわかると、どうやって防いだらいいのか気になりますよね。

しっかりと肌トラブルを防ぎたいですよね!

そこで、正しい日焼け止めの落とし方を身に着けて、肌トラブルを防いでいきましょう♪

 

日焼け止めの種類で落とし方が変わる!?

 

日焼け止めのを落とすときに使うものは、日焼け止めの強さにもよります。

それらによって使い分けをしていってください。

使用するものはこの4種類があります。

 

  1. 石鹸や洗浄料
  2. 専用クレンジング
  3. メイク落とし(クレンジングオイルなど)
  4. ホホバオイル

 

何を使って日焼け止めを落とすかどうかをは、使用している日焼け止めの本体に表示されているものを見るのがベストです。

『石鹸で落ちる』と書かれているものや『専用クレンジング』を使ってほしいなど、きちんと表記されています。

ただ、使用している石鹸やクレンジングによって落ちるかどうかは異なります。

日焼け止めを落とした後、きちんと落とせているか確認してみてくださいね♪

 

日焼け止めを落とせているかどうか、見分けるポイント

日焼け止めが落ちたかどうかは、水の弾き方で判断できます。

日焼け止めを塗っていない所に比べて、水弾きが良いならまだ日焼け止めが残っている可能性があるということです。

水弾きが無いなら、日焼け止め落としはバッチリだということです。

 

専用クレンジングがない場合は、メイク落としを使用しても落とせることが多いです。

あるいは、「クレンジング不要」などの表示があっても使用する石鹸によっては、洗い流しても肌が水をはじく場合があります。

この場合は、日焼け止め成分が残っている可能性があるので、メイク落としクレンジングを使用すると良いでしょう。

 

メイク落とし・クレンジングの強さ

クレンジングにも強さがありますよね。

ウォータープルーフなどの強い日焼け止めには、オイルクレンジングが一番最適です。

ただ、まつエクなどをしているとオイルが使えないこともあります。

その場合は、ジェルタイプのものまつエクでもOKなオイルクレンジングがおススメです。

 

また、クレンジングを使いたくない場合は「ホホバオイル」で落とすのもおススメです。

オイルクレンジングのようなクレンジング効果があるにもかかわらず、人の肌に良い効果をもたらしてくれる優れものです♪(→ホホバオイルとは?)

 

 

日焼け止めが落とし切りたい!正しい日焼け止めの落とし方!

 

日焼け Sunburn

 

毎日洗顔をすることと同じで、一日の汚れを落とすように日焼け止めも落としましょう。

日焼け止めは帰宅後すぐに落とすのが理想的です。

常に日焼け止めは肌に負担をかけています。

日焼け止めを塗っている必要がなくなったら、なるべく早めに落としましょう。

 

では、体と顔でそれぞれ正しい落とし方を見ていきましょう。

まずは顔からご紹介していきます♪

 

正しい日焼け止めの落とし方!~顔編~

 

蒸しタオルで顔を温める

蒸しタオル 顔

 

もし、お風呂に入るまで時間がある場合は、蒸しタオルをレンジで作って3分ほど顔全体を温めるようにしましょう。

蒸しタオルは、水につけたタオルを500〜600W20〜30秒チンすればすぐにできます。蒸しタオルは血行を良くし、美肌効果も期待できるのでオススメです!

血行が良くなれば毛穴も開いてくるので、よりメイクや日焼け止めが落ちやすくなるんです♪

 

日焼け止めを溶かしだす

 

メイク落としや、専用クレンジングを使用する場合、最初にこれらを利用します。

次に、洗顔料や石鹸を使って洗います。

日焼け止めの強さによって、メイク落としや専用クレンジングを使用するかどうかは判断してください。

 

顔 洗う

日焼け止めを落とすときのポイント!

紫外線から肌を守ってくれる日焼け止めも、刺激を肌に与えています。さらにゴシゴシこすってしまうと、肌が傷つく原因となってしまいます。

  • ゴシゴシこすらない!
  • 日焼け止めを溶かしだすようない感覚

小鼻周り、フェイスライン、首は忘れやすいので、意識をして汚れを落とします。

 

 

洗い流す

 

 

顔 洗う

 

きちんと、使用したクレンジング、メイク落とし、石鹸などの洗顔料を洗い流します。

冷水よりはぬるま湯の方が、油分がしっかりと流れてくれます。

 

保湿

 

顔 スキンケア

 

肌に本来、備わっている防御成分『セラミド』や『NMF』などが失われて、乾燥を引き起こしやすい状態です。

乾燥を放っておくと、顔にハリやツヤがなくなることから、『シワ』『くすみ』や『老け顔』の原因にもなります。

しっかりと保湿をしてあげてください。

 

 

正しい日焼け止めの落とし方!~身体編~

 

日焼け Sunburn

 

日焼け止めに顔用・体用があるように、クレンジングにも顔用・体用があります。

身体には洗う順番はありません。

基本的には顔と同じです。

 

  1. クレンジング、メイク落とし、石鹸などの洗浄料を使って落とします。
  2. 洗い流します。
  3. 保湿をします。

 

身体はついついゴシゴシ洗っちゃう!という方も多いはず!

しかし、日焼け止めを塗っていることで肌への負担は、体にも影響があります。

 

日焼け止めを落とすポイント!

ボディタオルやスポンジで力が入りすぎてしまうこともあります。

日焼け止めを落とすときには手で優しく洗うと良いでしょう。

どうしても落ち着かない!という方は、クレンジングで体の日焼け止めを落としてから、石鹸などで洗うと良いでしょう。

 

 

身体と顔、どちらにしても優しく溶かしだすように落としてあげることがポイントです♪

ただ、どうしてもメイク落としや専用クレンジングには抵抗がある!という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方におススメなのが、ホホバオイルやオリーブオイルを使う方法があります。

 

 

日焼け止めをホホバオイルで落とす!?

 

 

ホホバオイルが今とっても話題になっています。

それは、界面活性剤が含まれていないのに、肌をケアする優秀な化粧品であり、ケア商品だからです♪

特にホホバオイルの効果は絶大です!

 

  • 潤いを保ち、肌荒れをなくす
  • ニキビ、吹き出物のケアに最適
  • アトピーのケア
  • アンチエイジング
  • クレンジングとしても使用可能

 

メイクも落とせる上に、ケアもできる!ダブルですごいオイルなんです♪

肌や髪の乾燥や異物から守り潤いを保つ事により、肌荒れを防ぎ、肌や髪に本来のツヤとハリを与えてくれます。

クレンジングや洗顔では、落ちない肌にたまった余分な皮脂を浮き上がらせ、しっかりと落とす事ができます。

だから、日焼け止めを落とすことにも最適なんです♪

 

また、ビタミンが多量に含まれているので肌の血流を良くし、肌のしわ、たるみ、シミ、くすみを防ぐと言われています。

さらには、顔に付着した雑菌から肌を守ります。

化粧水や美容液とともに使用することができ、肌にケア化粧品をしっかりとなじませる役割をしてくれます。

 

ホホバオイルで日焼け止めを落とす方法

通常のメイク落としと同じように使用します。

たっぷりめのホホバオイルを手に取り、優しくお肌になじませる様にメイク・日焼け止めを浮かしていきます。

その後、洗顔料を出来るだけ泡立てて洗顔してください。

 

 

ホホバオイルの成分組織は人の皮膚にある皮脂膜と非常に似ていて、肌によく馴染みます。

日焼け止め・メイク落としにも使えて、ケアするときにも使えるとは!

ホホバオイルってすごいですよね!

 

しかし、まつエクなどをされていてオイルが使えない方はほかの方法がおススメです。

私個人的にはジェルでのメイク落としが気持ちよくておススメです♪

 

完全オーガニックで、品質もしっかり保証されているホホバオイルで有名なのが、『オーガニックホホバオイル』です。

公式サイトでも詳細が見れたり、購入できたりします。

ホホバオイルについてもっと知りたい!という方は、『ホホバオイルについて』をご覧ください♪