日焼け肌にオロナインってOK!?間違えると悪化する軟膏の使い方

日焼け Sunburn

日焼け肌はヒリヒリしたり、赤く炎症を起こして痛くなることってありますよね。

そんな時迷うのは「オロナインって塗ってもいいのかな?」という疑問。

 

日焼け肌にオロナインを使うとどうなるのでしょうか?

正しくケアをしないと悪化する日焼け肌、オロナインが使えるかどうか次のような順番でお話ししていきます。

  • 日焼け肌にオロナインってOK!?間違えると悪化する軟膏の使い方
  • 日焼け肌を正しくケアをする方法で、お肌をできるだけ早く回復させる!

 

日焼け肌にオロナインってOK!?間違えると悪化する軟膏の使い方

 

 

 

日焼けをした直後のお肌は、実は「やけど状態」と同じです。

そのため、やけどをした後と同じようなケアをすることが、日焼けを早く治すために必要なこと。

 

結論から言うと、オロナインは日焼け直後のお肌に使うことができます。

オロナインの公式サイトでは、「軽い火傷」に使うことができることが書かれています。

 

 

 

オロナインH軟膏」を使うことができるのは、3段階に分けることができる火傷のうち、「1度」の軽い火傷に対してです。

3度になった火傷は過程では治すことは難しく、オロナインを塗っても効果を発揮でないことがあるそうです。(→火傷の重症度とは?日焼け肌で病院に行くべきか判断する方法)

 

オロナインを塗ることで、次のような効果が期待できます。

 

  • かゆみを予防する
  • 炎症を抑える
  • 乾燥を予防する

 

ただし、長期間の連続した使用はお肌の状態を悪化させる可能性があるので、長期間の連続した使用はしないようにしましょう。

手軽に使えるオロナインだからこそ、正しく使ってケアをすることでお肌の状態を早く回復させやすくなります。

 

 

日焼け肌を正しくケアをする方法で、お肌をできるだけ早く回復させる!

 

日焼け Sunburn

 

日焼け肌を正しくケアするためにオロナインを使うには、まずは日焼け直後のお肌をケアすることから始めます。

次のような順番で日焼けケアを行うと、よりオロナインの効果を発揮しやすくなります。

 

  1. 炎症を起こして赤くなっている部分を冷やす(→詳しい冷やし方はコチラ)
  2. 皮膚の状態が落ち着いたら、オロナインを優しく塗る

 

炎症を起こしている肌は、だいたいひどい場合でも3日~1週間で落ち着きます。

炎症が落ち着くくらいまでオロナインを塗ると、炎症を抑えることに効果的。

 

炎症が落ち着いたら他の方法でお肌を保湿するようにしましょう。(→日焼け直後のお肌は乾燥している、保湿が必要な理由とは?)

日焼け後のお肌は紫外線の影響で乾燥し、肌のターンオーバーは乱れた状態をしています。

できるだけターンオーバーを早めに回復させることで、日焼け肌からの回復がしやすくなります。