日焼けで【筋肉にメリハリ】美しくなる!?

日焼けをすると、小麦色の肌になって健康的に見えますよね。

それに、トレーニングをしていると日焼けをすることでメリットもたくさんあります。

 

日焼け Sunburn

 

見た目はもちろん、体の内側にも嬉しい効果を発揮してくれるのです。

日焼けが筋肉に与えるメリットをご紹介します。

 

 

日焼けで【筋肉にメリハリ】美しくなる!?

 

日焼けをすると、健康的に見えて素敵ですよね。

肌が真っ白よりも、より体も締まって見えます。

 

そんな日焼けは、筋肉に対しても2つのメリットを発揮してくれます。

特にトレーニングをしていると嬉しい効果なんです♪

 

筋肉にカットが入る

 

日焼け Sunburn

 

日焼けをすることで、とレーニンをしている筋肉に影ができて「カット」が見えやすくなります。

筋肉があっても、肌が白いとぼやけてしまうのです。

 

筋肉と筋肉の境界線がより分かりやすいのは「日焼け」をしている肌です。

また、引き締まって見えることから、より「筋肉質」な体に見えるのです。

ボディビルダーの選手が日焼けをしていることが多いのはそのためです。

 

 

ビタミンDの生成

 

日焼け Sunburn

 

紫外線に当たることで「日焼け」をする以外に体が反応をします。

それは、ビタミンDを生成すること。

 

ビタミンDはカルシウムの吸収や定着を助ける働きをします。

そんなビタミンDは「ダイエット効果」や「筋肉を強化する」働きもあるのです。

 

そのため、日焼けで筋肉を美しく見えるだけでなく「筋肉を育てる」ことにも役立ちます。

また、紫外線に当たりながら運動をすることで、より効果を高めることができます。(→日光ダイエットは、筋肉を強くする!?)

 

 

日焼けで筋肉が痛みがある場合は要注意!

 

日焼け Sunburn

 

日焼けをすることで「筋肉」に対してメリットがあります。

筋肉を育てたり、美しく見せたい場合には「適度」に日焼けをすることをおススメします。

 

ただ、日焼けをするときには「ムラなく」キレイに焼くことに気を付けましょう。

ムラや皮が剥けたりすると、せっかく鍛えた筋肉よりも「肌」に目が行ってしまいます。

できるだけキレイに日焼けをしていきましょう。(→キレイに日焼けをする5つのポイント)

 

一度に日焼けをしすぎると、皮膚の奥まで紫外線が浸透し、遺伝子を傷つけてしまうことがあります。

そうなると、キレイに日焼けをすることが難しくなります。

 

酷い場合だと「筋肉」にも痛みを感じるようになることもあります。

その場合は、まずは「ただしい応急処置」をしましょう。(→日焼け後の対処は、とにかく冷やせ!?)

 

また、日焼けした場所がむくんでいると筋肉に痛みを感じます。

心臓よりも高い位置に置き、冷やしながら安静にしてすごしましょう。