日焼けの8つのメリット!実は人間にとって必要だった!?その理由とは?

日焼けをするメリットって、あるのかな?

そう疑問に思っている、そこのアナタ。

一見、紫外線を浴びることは悪いことのように感じますが、本当はメリットもたくさんあるんです。

 

ビーチ

 

私も偏見を持っていましたが、改めて日焼けをするメリットを知り、正しい知識を知ることは大切だと思いました。

日焼けのメリットをご紹介していきます♪

 

 

日焼けの8つのメリット!実は人間にとって必要だった!?その理由とは?

 

日焼けには8つのメリットがあります。

しかもそれは、驚くことに「人間にとって必要なこと」だったんです!

 

1 活性型ビタミンDの生成「骨が丈夫になる」

 

日焼け Sunburn

 

人間に必要な「活性型ビタミンD」を生成してくれます。

ビタミンD3は、皮膚がUVBを浴びることで生成されるんです。

ビタミンD3とは!?

ビタミンD3はカルシウムの利用効率を高めてくれると言われています。

  • 骨の形成
  • 骨の代謝

この二つにとって、大きな影響力があるんです。

 

ということは、骨を丈夫にするには必要なこと!ということです。

これは大人だけでなく、子供や赤ちゃん、妊婦さんにも大切なことです。

 

じゃあ、サプリメントや食べ物で摂取をしたら!?と思いますよね。

私もそう思いました・・・が、人間の体は不思議です。

食べ物やサプリメントからも摂取をすることは可能です。

ただ、サプリメントでは得られない効果があるんです。

 

でも、ある潜水艦の乗組員の話があります。

潜水艦の乗組員は、一定期間紫外線を浴びることができません。

 

submarine 潜水艦

 

彼らが行った実験は「1日に必要だ、といわれているビタミンDの2倍摂取すること」です。

1日に必要と言われる量の2倍も摂取すれば十分でしょ!?と思いますが、これが違ったんです。

結果は「血中ビタミンD濃度を正常に保ち続けることができない」というものでした。

ですから、紫外線を浴びないと「ビタミンD」自体を摂取しても効果が得られないことが多い、ということです。

人間の体は、本当に不思議ですね。

 

 

ビタミンDの生成「免疫機能の向上」

 

日焼け Sunburn

 

ビタミンDの効果は骨ではありません。

実は、すい臓や皮膚、血管などにも影響があるんです。

  • 血糖値の低下
  • 血圧値の低下

ビタミンDによってが免疫細胞のひとつであるT細胞を皮膚に引き付け、皮膚のダメージを回復させ、病原体をブロックする機能を高めます。

すい臓のインスリン分泌能力を高める作用があるため、血糖値を下げる働きもあります。

また、紫外線を浴びると血液中の一酸化窒素が増えます。

すると、血管が拡張したことによって、血流が盛んになり、血圧が下がるということです。

 

ビタミンDの生成「美肌効果」

 

 

日焼け Sunburn

 

実は、美肌効果もあるんです。

「え!?でも日焼けしたらシミが・・」と思いますよね。

大丈夫です!

真っ黒に日焼けをする必要はありません。

紫外線を浴びることで、あるメリットがあります。

先ほどから触れている、紫外線に当たることで生み出された「ビタミンD」が、新しい肌細胞を成長させてくれます。

 

  • 肌荒れの改善
  • くすみの解消
  • 乾癬という慢性の皮膚疾患

 

これらに効果的でだといわれています。

もちろん過度な日焼けはダメージもあります。

なので、日焼けによるダメージを防ぎたい方は日焼け対策をしながら紫外線に当たることをおススメします。

 

 

身体を整える効果

 

 

実は紫外線を浴びること、もっと簡単に言うと日光を浴びることで、体には良い効果があります。

 

  • 血液中の血行促進
  • 新陳代謝のアップ
  • 免疫力が向上
  • 体内時計を正常化
  • 睡眠、食欲、気分などの生体リズムを整える
  • 脳内物質の分泌を促す

 

などなど、たくさんの効果があります。

朝日を浴びると自然と目が覚めたり、日光浴をすると気分が良くなったりしますよね。

身体を整える、という意味では必要なことです。

さらには、「脳内物質の分泌を促す」ことは、治療や予防にも取り入れられています。

 

どういうことかというと、うつ病の治療に取り入れられたり、痴呆症の予防効果としても考えられているんです。

これは精神的なリラックス効果がみらるからなんです。

次の項目で、もう少し説明をしています。

 

精神疾患予防・リラックス効果

 

 

 

日光を浴びることで、幸せを感じるホルモン「セロトニン」が分泌されます。

セロトニンはスポーツをしたり、好きなことをしているときに分泌されますが、実は「紫外線」をあびることでも分泌されるんです。

セロトニンが分泌されると、こんな効果があります。

 

  • やる気の向上
  • ネガティブな気分を解消
  • 姿勢が良くなる
  • 痛みが緩和される
  • 眠りの改善
  • 精神疾患の予防
  • 幸せを感じる
  • リラックスできる

 

セロトニンって素晴らしいですよね。

ただ、日焼けをするまでしっかりと当たらないといけない!というわけではありません。

1日のうち30分ほど紫外線を浴びるだけで、これらの効果を得ることができます。

 

うつ病の方の場合はこのセロトニンが不足しがちだと言われています。

セロトニンは感情に関する情報を管理し、整える働きをします。

だからこそ、精神疾患予防になったり、痴呆症の予防にも良いといわれているんです。

 

 

健康的に!痩せて見える

 

 

黒い服などを着ると、いつもより細く見えることってありますよね。

そんな感じで、肌が日焼けしていると引き締まって見えることがあります。

 

  • 引き締まって見える
  • 健康的に見える

日焼けをすると、見た目も変わってくるということ。

色白の偏りも、自然に日焼けした肌を見ると、元気で活発なイメージも定着しますよね。

 

夏を感じる!

 

日焼け Sunburn

夏になったら、外に出て、自然に日焼けをする。

これがとっても人間らしく、素敵なことですよね。

小麦色に日焼けした肌をみると「元気」「明るい」と感じるのは「夏」を感じることができるからかもしれません。

四季を感じ、夏を肌でも感じることができるのは日焼けの魅力であり、メリットです。

 

カッコよくなる!セクシーになる!

 

 

もちろん、日焼けをすると「かっこよさ」や「セクシーさ」にも大きく影響してきますよね。

小麦色に日焼けした肌は、とっても素敵です。

色白が好き、という方もいれば「小麦色に日焼けした肌が好き」という方もたくさんいます。

もちろん、私はどちらも大好きです。(笑)

 

日焼けをしている方の特徴は、やっぱり「セクシー」だと思います。

色白の方よりも、健康的に見え、色気を感じます。

それに、第一印象も明るく、活発な印象を与えるため、仕事やプライベートでも良い効果を感じやすいです。

 

 

日焼けは人間にとって必要だった!

 

 

これらの日焼けのメリット8つを見ていくと、実は紫外線に当たることが人間にとって必要だということがわかります。

精神的、身体的に、紫外線に当たることが自然なことであり、必要なことです。

ただ、デメリットもあるので、それを知ったうえで自分にとって必要な配慮をしていきましょう。

 

正しい日焼けの仕方は、1日を通して30分程度紫外線に当たることです。

ビタミンDの生成に最も効率の良い時間は、朝日が昇ってから午前9時までの間に降り注ぐ紫外線。

 

 

この時間の紫外線の質が良いこと、そして朝の間に体内時計を整えることができます。

1日を気持ちよく過ごすことのできる方法でもあります。

日光浴であったり、散歩をしてみたり、どんな方法でも大丈夫です。

もちろん、日焼け対策が必要な場合はしっかりと日焼け対策をしておきましょう。