日焼けの【原理】【メカニズム】は?なぜ【老化】や【色素沈着】の原因に?

「太陽の光に当たったら日焼けをする」と当たり前のように過ごしてきましたが、その日焼けのメカニズムや原理ってどうなっているのでしょうか?

日焼けをすると健康的に見えるし、自然なことのような気がします。

 

日焼け Sunburn

 

でも、現代では紫外線予防がとても大切だといわれていますし、美白活動がとっても大切ですよね。

なぜ日焼けをすると老化や色素沈着の原因になるのか、そのメカニズムと原理をご紹介します。

 

 

日焼けの【原理】【メカニズム】は?

 

日焼け Sunburn

 

日焼けをする時は「紫外線に当たる→肌が黒くなる」という流れがありますよね。

なぜ、紫外線に当たると肌が黒くなるのかというと、紫外線に反応して体を守るために「細胞」が働くからなんです。

 

紫外線がお肌に与える栄養はとても大きいです。

例えば、お肌にある細胞が肌を守らなかったら、こんなことが起こってしまいます。

 

  • シミ
  • そばかす
  • 炎症
  • シワ
  • カサツキ
  • 肌が黒くなる
  • 皮膚がん
  • 紫外線アレルギー
  • 湿疹
  • 腫れ
  • 水ぶくれ

 

さらにひどい場合には、頭痛や吐き気、発熱などの身体にも影響を与えるような症状を起こすこともあります。

紫外線には種類があり、その種類によってお肌に及ぼす影響が違ってきます。

 

 

日焼けをさせる紫外線の種類

 

お肌に影響を与える紫外線には2種類あります。

紫外線A波(UVA)

シミやそばかすなどの、肌トラブルの原因になりやすい紫外線。

また、「日焼け」として肌を黒くさせるのも紫外線A波の特徴です。

ガラスを通り抜けるので、室内でも影響があります。

紫外線B波(UVB)

日焼けをしたときに「肌が赤くなる」のはこの紫外線Bの影響。

お肌がヒリヒリしたり、水ぶくれになることがあるのも「紫外線B波」の影響です。

ガラスを通り抜けることがはできないので、室内では影響を受けません。

 

この2種類の紫外線によって、お肌は日焼けをします。

皮膚は何層にも重なってできているのですが、紫外線B波は肌にダメージを与え、お肌をヒリヒリさせたり、水ぶくれを作ったりします。

ただ、この時に一番表面にある「角質層」は、紫外線を反射して、体内に入り込む量を少なくしようと頑張ります。

 

日焼け Sunburn
出典:スキンケア大学

 

しかし!!

さらに、紫外線A波はもっと深くまで浸透しようとします。

「角質層」を潜り抜けて、もっと奥まで入った紫外線A波が層の一番下にある「基底層」まで届くと、さらに皮膚は肌を守ろうとします。

 

この時に、肌を守ろうとする働きをしてくれる細胞があります。

その細胞こそが、「メラニン色素」です。

 

あれ?でもメラニン色素って、肌を黒くしたり、シミの元になるんじゃないの?

 

 

 

そうなんです。

メラニン色素は、お肌を紫外線から守る働きをしますが、その分「肌を黒くしたり」「シミ」の元になる可能性も高いのです。

そんなメラニン色素は、いったいどんな働きをしているのでしょうか?

 

 

メラニン色素は「日焼けから守る」けど「肌トラブル」の原因でもある?

 

日焼け Sunburn

 

メラニン色素は、肌が紫外線を浴びたときに反応して作られます。

紫外線を浴びることで、肌の一番表面にある角質層がバリア機能を働かせます。

紫外線を肌の奥まで侵入させないようにするためです。

 

紫外線が基底層まで届くと、最初に反応する細胞は「メラニン前駆体」です。

紫外線を浴びるとすぐに反応して、「メラニン前駆体」が身体を防御してくれます。

 

ちなみに、このメラニン前駆体も黒~褐色をしています。

この反応が早い場合は紫外線に強く、反応が早くない方は紫外線の影響を受けてしまうことになります。

 

その後、角質層は守りを強くするために、角質を厚くします。

しかし、それを通り越して肌の奥まで入ってきた紫外線には「メラノサイト」という細胞が反応します。

紫外線A波 B波
出典:ロート製薬公式サイト

 

メラノサイトは、メラニン色素を作る親です。

メラノサイトは、メラニン色素をたくさん作って紫外線をメラニン色素に吸収させようと働きかけます。

メラニンが働くことによって、紫外線を真皮に影響させないようにするためです。

 

メラニン色素は、「シミ」や「シワ」を作る原因が、真皮に入ることを抑制しようとしてくれます。

そして、メラニン色素は「黒くみせる」という特長があるので、肌表面の色が黒く変わってしまいます。

肌が黒くなるのは、お肌を守ろうとする「メラニン色素」の頑張りの証拠だったんですね。

 

ただ、ここで問題があります!

メラニン色素はお肌を守ってくれるのですが、強い紫外線に当たっている場合は「メラニン色素」を作りすぎてしまう場合があるのです。

との作りすぎてしまったメラニン色素は、「シミ」や「そばかす」の原因になることがあるのです。

 

メラニン色素が作られ始めるのは、だいたい紫外線に当たってから12~24時後です。

そのため、メラニン色素が作られ始めるまでに正しいケアをすることで、メラニン色素を過剰に作られることを防ぐことができます。(→日焼けをしたときの正しい対処法で「シミ」を防ぐ!とにかく冷やせ!?)

 

 

日焼けがなぜ【老化】や【色素沈着】の原因に?

 

日焼け Sunburn

 

紫外線に当たると、肌を守るために働いく「メラノサイト」ですが、頑張りすぎて「メラニン色素」を作りすぎてしまうことがあります。

もしメラニン色素が作られすぎてしまうと、「肌が黒くなる」だけではなくなってしまいます。

 

  • 摩擦
  • 過度な紫外線を浴びたとき
  • お肌に刺激があるとき

 

このような状態のときに、メラニン色素は作られやすくなります。

例えば、いつも眼鏡をしていると「鼻」の頭に眼鏡の跡が残ってしまうことがありますよね。

眼鏡と肌の摩擦や、眼鏡の刺激によってメラニン色素の色素沈着が起こり、眼鏡の跡が定着してしまうのです。

 

このように、一定の刺激を与えることでメラニン色素は排出されます。

紫外線のように、直接肌に触れなくても「メラノサイト」に影響を与えるものもあります。

 

 

メラニン色素が色素沈着する理由

 

 

本来、メラニン色素は肌のターンオーバーに合わせて一緒に剥がれ落ちていきます。

しかし、お肌のターンオーバーが正常に働かない場合、メラニン色素がお肌の表面にとどまることになります。

そうなると、そのままメラニン色素がシミとして肌に定着してしまいます。(→ターンオーバーとは?促進させるにはどうする!?)

 

色素沈着したシミは、なかなか剥がれ落ちてくれません。

そのため、シミを防ぐためには「ターンオーバー」を促進させ、色素沈着した部分の肌の生まれ変わりを促す必要があります。

特に、美白系のケア化粧品を使うことが「ターンオーバーの促進」につながります。(→ターンオーバーを促進させる美白系化粧品とは?)

 

 

日焼けが老化の原因に?

 

日焼け Sunburn

 

また、日焼けが老化の原因になることがあります。

メラニン色素は、本来ターンオーバーで古い細胞と一緒に剥がれ落ちていきます。

 

しかし、ターンオーバーがうまく働かないとメラニンの含まれた古い角質が肌にとどまることになります。

古い角質はごわつき、影を作り、お肌全体がくすんでみえます。

 

しかも、そういったターンオーバーが働かないとお肌が硬くなり、さらに肌トラブルを悪化させることになります。

日焼けをすることで老化が進むのは、メラニン色素の過剰排出と、それを肌に留めてしまうターンオーバーの悪化が原因なのです

 

 

日焼けの【老化】や【色素沈着】を防ぐ!

 

日焼け Sunburn

 

日焼けの老化や色素沈着は、紫外線を予防することで防ぐことができます。

紫外線を予防するためには、「日焼け止め」の活用と、紫外線対策グッズを使用することがおススメです。(→日焼け対策グッズ!可愛い帽子TOP3)

 

また、美白系のケア化粧品やサプリメントを摂取することもおススメです。

美白系の化粧品やサプリメントには、メラニン色素の排出を抑える成分が含まれています。

そのため、紫外線に当たったときにも「メラニン」の働きを抑えることができ、日焼け予防にもつながっているのです。

 

お肌のターンオーバーを促すことが、美白にもつながります。

それは、美肌活動と美白活動のどちらにも「ターンオーバー」が最も大切だということ。(→美白・美肌活動に欠かせない10の鉄則!!)

 

しかし、一つだけ忘れてはいけないことがあります。

私たち人には「紫外線」を浴びることで、私たちの身体に必要な栄養を生み出す力があります。

そのため、紫外線に当たらなさ過ぎても体に悪影響を及ぼすことがあるのです。

 

「紫外線」に当たらない場合は、必要な栄養を食べ物やサプリメントで補う必要があります。

リスクを理解したうえで、紫外線対策を行うことがあなたの身体にとってもベストな選択をできると思います。