日焼けで【痩せる】!?日光浴ダイエットのやり方と効果!

日焼けで、まさかの【痩せる】という報告がありました!

でも、日焼けでどうやって痩せることができるのでしょうか?

 

日焼け Sunburn

 

実は、日光浴ダイエットがコッソリ流行っているのです。

日焼けを利用した日光浴ダイエットのやり方と、その効果についてご紹介します。

 

 

日焼けで【痩せる】!?日光浴ダイエットの効果

 

日焼け Sunburn

 

日焼けで痩せるって初耳!という方も多いはずです。

それもそのはず、最近ではしっかりと紫外線予防をすることが主流です。

日焼け止めを塗り、お肌を紫外線から守ることがシミやシワの予防になります。

そのため「紫外線に一切当たらないようにすることが良いこと」とされている風潮があります。

 

しかし、実は「日焼け」や「紫外線」に当たることにはメリットがあるのです。

日焼けをしたお肌は引き締まっているように見えますよね。

色が小麦色に焼けているから、少し引き締まって見える・・・というだけではありません。

 

オーストラリア大学の博士らによって、紫外線を浴びたマウスでの実験が行われました。

その際、肥満と紫外線の意外な関係を発見したのです。

それに、日焼けや紫外線にあたるメリットは、こんなにあります♪

 

日焼けで痩せる!日光浴ダイエットの効果
  • ビタミンDの生成
  • 血行の促進
  • 脂肪の燃焼を促す
  • 内臓の活発化
  • セロトニンの分泌でリラックス・ストレス解消
  • 暴飲暴食を抑える
  • 体内時計を正しく整える

 

では、これらの効果を一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

 

ビタミンDの生成

 

日焼け Sunburn

 

紫外線に当たることで、私たちの体はビタミンDを生成する仕組みになっています。

ビタミンDは健康を維持するためにも必要な栄養素です。

 

ビタミンはカルシムの吸収や、働きを助ける働きがあります。

ビタミンDがカルシウムを助けることで、骨の合成を促したり、骨が解けることを防ぎます。

そのため、長い期間ビタミンDが不足すると「骨粗鬆症」になるリスクが増えてしまいます。(→ビタミンDが不足すると本当は危険!?)

 

また、このビタミンDを生成するにあたって、皮膚の中にあるコレステロールが紫外線に反応してビタミンDが合成されます。

肥満体系や過体重の方の場合は体内のビタミンDが不足しているという研究結果も報告されいます。

そのため、脂肪がついたり代謝が減るのは、ビタミンDが少ないからではないかと考えられています。

 

血行の促進!

 

 

ただし、ビタミンDだけではダイエット効果にはつながりません。

実は、ビタミンDを活性化させるためには「一酸化窒素」を体内で生成する必要があります。

 

一酸化窒素には血管を広げ、柔らかくして血行を促進さえる効果があります。

そのため、代謝が高まり、脂肪燃焼効果もアップ!

 

しかも!!

一酸化炭素はビタミンDに変化を起こさせ、脂肪を燃やしやすいビタミンDに変えてくれるのです。

そのため、一酸化窒素+「脂肪の燃えやすいビタミンD」が合わさることで、よりダイエット効果が高まります。

さらには筋肉を太らせるので、脂肪の割合が減り、より代謝も高めることができます!

 

 

脂肪燃焼を促す

 

日焼け Sunburn

 

でも、どうやってビタミンDと一酸化窒素を同時に体に取り入れるかがポイントです。

実は、一酸化窒素は運動をすることで血管から放出されます。

ウォーキングをしたり、軽いランニングなど、体が温まる運動であればOK!

 

紫外線に当たることで「ビタミンD」が生成され、運動によって「一酸化窒素」が放出されます。

この2つが合わさることで、脂肪燃焼効果を促してくれるのです。

しかも、ビタミンDの影響で筋肉がつきやすくなるので、基礎代謝を上げる効果も期待できます!

 

内臓の活発化

 

日焼け Sunburn

 

しかも!!

紫外線ダイエットの効果は脂肪燃焼だけではありません。

 

「ビタミンD」と「一酸化窒素」の働きにより血行が良くなると、老廃物の流れも良くなります。

しかも、自律神経を整えてくれるので腸内環境を改善してくれます。

内臓が活発に動き、消化や便通も改善されちゃいますよ♪

 

 

セロトニンの力でリラックス・ストレス解消

 

日焼け Sunburn

 

セロトニンとは、幸福感や安心感をもたらしてくれるホルモンです。

セロトニンは日光を浴びることによって分泌が活発になります。

 

  • 緊張感や興奮の抑制
  • ストレス解消、耐性をつくる
  • 自律神経を整える

 

 

そのため、日光を浴びることで、内面的にも前向きになれたり、リラックスすることができます。

緊張しているときや、ストレスを感じている時には「太陽の光」に当たることでポジティブな効果をもたらしてくれます。

 

そんなセロトニン、痩せることに関係なさそうに見えて、実はとっても関係があるんです!

 

暴飲暴食を抑える

 

日焼け Sunburn

 

セロトニンが体内で増えることで、「暴飲暴食」を予防することができます。

実は、セロトニンが不足すると暴飲暴食や睡眠不足を引き起こす可能性が高まるからなんです。

そうなると、生活習慣も乱れやすく、太りやすい体質の原因になってしまいます。

 

日光の光を浴びることで、セロトニンを分泌させることで生活習慣を改善しやすくなります。

また、内面的にもポジティブになれるので、暴飲暴食を防ぎ、痩せやすい体質へと変化させていってくれるのです。

 

 

体内時計を整える

 

日焼け Sunburn

 

セロトニンが分泌されることで、体内時計を調節してくれる働きもあります。

太陽の光を浴びるとセロトニンが分泌され、身体が目を覚まし、覚醒します。

 

その反対に「眠気」が訪れるのは「覚醒」をしてから14~16時間後です。

それは眠気を起こす「メラトニン」というホルモンが分泌されるからなんです。

日光の光を浴びることで「セロトニン」が規則正しく分泌されることで「メラトニン」の分泌もスムーズに行われます。

 

このリズムが崩れてしまうと不眠症に陥ったり、生活リズムが乱れたりしてしまいます。

日光の光に当たることで、体内時計が整い、不眠症などの予防にもなります。

 

日焼けで痩せる!日光浴ダイエットのやり方と効果!

 

日焼け Sunburn

 

日焼けをすることだけが「細く見える」理由ではありませんでしたね♪

実は、紫外線を浴びることでビタミンDを生成し、運動をすることで一酸化窒素を放出。

メンタルの面でも日光浴をすることで「セロトニン」の分泌が促進され、ポジティブな気持ちになれるのです。

 

そんな日焼け・日光浴でのダイエットはどうやって行うのでしょうか?

その方法や頻度はとっても簡単です♪

 

日光浴ダイエットのやり方と効果!

紫外線や日光に当たる頻度は、1日15分、週3日でOK!

 

「紫外線に当たらなければ!」と思うと「薄着」にならないといけないの!?と驚きますが。

だいたい服を着て、肌の3~4割の部分が光を浴びていればOKです!

ただし、日焼け止めは塗れません!

 

 

日焼け止めを塗ってしまうと、ビタミンDの生成はできません。

そのため、紫外線が与える肌への影響が気になりますよね。

そこで、できるだけ日焼け予防をしながら「紫外線」や「日光」に当たる必要があります。

 

 

紫外線の弱い時間帯や場所を選ぶ

 

日焼け Sunburn

 

特に朝などの早い時間に行うことをおススメします。

紫外線も強すぎない時間帯で、早起きをすることで生活習慣も整えることができます。

 

また、直射日光ではなく「反射した紫外線」を浴びることで、強すぎる紫外線を回避できます。

日陰や木陰での日光浴もねらい目です♪

ただ、紫外線に当たりすぎない場合も「ビタミンD」の生成ができません。

ある程度の紫外線には当たる覚悟が必要です。

 

日焼けのしずらい部位を狙う

 

日焼け Sunburn

 

もし、どうしても紫外線に当たることに抵抗がある!という場合は、お肌の焼けにくい場所を紫外線に当てるのも一つの方法です。

例えば「手のひら」や「足の裏」などは紫外線の影響を受けずらいです。

 

私も、首や腕などは「紫外線」に当たると湿疹が出てしまうことがあります。

そのため、自分の肌の「紫外線に当たっても平気な場所」を探して紫外線に当たるようにしています。(→紫外線で湿疹!?赤いぶつぶつや斑点の正体)

 

日焼け後はケアを欠かさない

 

日焼け Sunburn

 

「紫外線に当たったらビタミンDが生成されるから♪」と紫外線に当たった後の肌を放置すると危険です。

ある程度の紫外線に当たった後は、きちんとお肌をケアする必要があります。

 

例えば、赤くなるまで紫外線に当たってしまった場合は「すぐに冷やす」必要があります。(→日焼け後のお肌はとにかく冷やせ!?)

また、お肌が乾燥したり、ぶつぶつが出てしまうこともあります。(→日焼け後に赤いぶつぶつ?斑点?)

そういった時には、正しい対処法できちんと対応しましょう。

 

そうすることで、後々の「シミ」や「そばかす」などの肌トラブルを予防することができます。

 

 

日焼けで痩せよう!日光浴ダイエットで簡単に♪

 

日焼け Sunburn

 

ダイエット!というと、とても厳しい食事制限などを想像しますが、日光浴をしながら運動をすることをイメージすると気持ちが良いですよね。

紫外線や日光に当たることで、体への栄養素だけでなく、気持ちの面でも前向きになれることが日光浴ダイエットのメリットです。

 

ただ、紫外線に当たっても「美白をしたい」というアナタには、美白ケアをおススメします。

美白化粧品や、美白系のサプリメントを使っておくことで、紫外線に当たっても「メラニン」の生成を抑えることができるからです。(→美白系サプリメントでビタミンDも一緒に摂取♪)

そのため、日焼けで黒くなる割合が低くなる効果が期待できます。(→美白系化粧水はコレ!おススメTOP3)

 

あるいは、紫外線には当たれない、というアナタには、サプリメントや飲む日焼け止めで「ビタミンD」を摂取することをおススメします。(→飲む日焼け止めでビタミンD!?一石二鳥の効果とは?)

美白を目指しながらビタミンDを摂取することで、ダイエット効果を通常よりも高めていきましょう♪