日焼け止めでかぶれた!応急処置・治し方と予防方法

日焼け止めを使ってかぶれた!

そんな時、どうやった応急処置をしたらいいのかな?

どうやって治したらいいのかな?

と、意外と知らないことってありますよね。

 

日焼け Sunburn

 

かぶれてしまって今すぐ治したい方、かぶれてしまったから予防をしたいというアナタのために、

かぶれてしまった原因と、治し方、そして予防する方法をご紹介していきます。

 

 

日焼け止めでかぶれた!原因ってなに!?

 

紫外線を防ぐために肌に直接塗る日焼け止め。

肌に塗るからこそ、肌に対して影響があるのは間違いないですよね。

日焼け止めは紫外線を防ぐために塗りますが、それが肌質によっては「かぶれ」となってしまう方もいらっしゃいます。

その原因は何か!?というと、大きく2つあります。

 

日焼け止めでかぶれた!原因その1 日焼け止め自体が問題!?

 

日焼け Sunburn

 

日焼け止めに含まれている成分が肌に影響を与えていることです。

この2つが肌に影響されやすいといわれています。

 

紫外線吸収剤

 

紫外線を肌に直接吸収させないようにする成分。

 

界面活性剤

 

日焼け止めに含まれている水分と脂分をしっかり混ぜ合わせるために使われてる成分。

 

どちらの成分も日焼け止めには必要な成分です。

紫外線吸収剤の強さはSPFという表示がされているので、強さを調節することは可能です。

日焼け止めの表示「SPFとAP」を知りたい!という方はこちらから♪)

 

ただ、この2つの成分が紫外線を防ぐときに起こす化学反応に対して、肌トラブルを起こす方がいらっしゃいます。

肌の敏感な人やアレルギー症状が強い人が使用すると、そういった症状が起きやすいです。

それが、「かぶれ」としてあらわれることもあります。

 

 

日焼け止めでかぶれた!原因その2

 

日焼け Sunburn

 

日焼け止めを使用した後に、しっかりと日焼け止めを落とせていないことが原因になることがあります。

日焼け止めに含まれている成分を、ずっと肌につけておくと肌トラブルを起こしやすくなります。

また、きちんと日焼け止めを落としたと思っていても、実は落としきれていなかった!という場合も、日焼け止めが残っているところがかぶれることがあります。

 

お肌の強い方や、普段つけていて問題ない!という方でも肌トラブルを起こすことがあります。

それは、肌の免疫力が低下しているときや、体調が悪い時など、その時の体の調子によってトラブルが起きる場合があるのです。

 

日焼け止めでかぶれた!応急処置・治し方は!?

 

日焼け Sunburn

 

日焼け止めによってかぶれた状態とは、初期症状として「むくみ」のように感じます。

特に顔は「いつもよりむくんでるかな?」と思ったら危険信号です。

その後、赤くなり、かゆみや痛みが出てくるようになります。

 

ヒリヒリ感が数分で落ちつくようなら慌てずに対処しましょう。

「かぶれ」は外からの刺激やアレルギー反応によって、皮膚に赤みやかゆみ、湿疹などの炎症が起きてしまう症状です。

子どもや赤ちゃんの皮膚は年齢や月齢が低いほど大人より未熟で厚さは薄く、外からの刺激を受けやすい特徴があります。

 

 

日焼け止めを落とす!

 

まず日焼け止めをつけていて、かぶれていると思ったら、すぐに日焼け止めを落としてください。

正しい日焼け止めの落とし方はこちらです。(→正しい日焼け止めの落とし方

日焼け止めが原因でかぶれているのであれば、まずは原因を取り除く必要があります。

刺激が強い場合は、できるだけ刺激を与えないような落とし方を選んでください!

 

応急処置として冷やす!

 

炎症を起こしている部分(赤くなっていたり、かゆくなっている部分)を冷やします。

これも刺激が強いと皮膚に悪いので、タオルにくるんだ保冷剤や氷などで冷やしましょう。

冷蔵庫でしっかり冷やした美容マスクをするのもOK!

 

美容マスクでいいの!?

美容マスクの成分には、お肌を潤す成分がたくさん入っています。

ヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタ、ビタミンC誘導体といった疲れた肌に栄養分を与えてくれる物を選ぶことがポイントです。

 

もし範囲が広い場合は、シャワーの冷水で冷やすのも良いです。

スプレーなどを使うと刺激が強いので、できるだけ使わないようにし、炎症部分に刺激を与えないように優しく冷やしてください。

 

 

市販外用薬を塗る

 

病院が開いてない!というときなど、緊急の場合もありますよね。

その時はドラッグストアでも購入できる「非ステロイド薬」を炎症部分に塗ってください。

どれを買ったらいいのかわからない場合は、ドラッグストアの薬剤師さんにきちんと相談をしてみるのが一番良いです。

 

水分をしっかりと摂取する

 

紫外線をたくさん浴びると、体の水分も逃げやすくなりますし、日焼け止めを塗っているとお肌の乾燥も進みます。

水分が不足すると体内環境が悪化し、代謝も悪くなってしまいます。

そうなると、お肌のターンオーバーや新陳代謝が遅れ、肌の乾燥が進み、かぶれの治りも遅くなります。

できるだけ、しっかりと水分を摂取しましょう。

 

規則正しい生活をする

 

かぶれたときは、できるだけ体の調子を整えておく方が治りが早くなります。

不規則な生活をすると、お肌の調子が悪化します。

それは、かぶれを悪化させる可能性があるということです。

しかも!

不規則な生活が原因でターンオーバーが乱れ、メラニンをうまく作り出せないと、跡に残りやすくなるんです。

できるだけ、お肌に良い生活を心がけると、かぶれを治す近道であり、きれいに治す方法でもあります。

 

 

できるだけメイクを控える

 

顔がかぶれてしまった場合、ついついメイクで隠したくなりますよね。

でもそれは、悪化させる原因になってしまいます。

理想は、メイクをしないことです。

 

でも、そうはいっても女性であればなかなか難しいですよね。

そういう方は、できるだけお肌のメイクは控えて目元だけメイクをしてみたり、いつもより刺激の少ない化粧品を使ってみるなど、

お肌に影響がすくない状況を作ってあげることが必要になります。

 

保湿をしっかりとする!

 

日焼け止めによるかぶれは、皮膚の細胞が乾燥していて、角層がめくれ上がって隙間ができます。

すると、その隙間に外気が触れ、かゆみが発生したり、さらなるダメージを受けてしまいます。

それを美容マスクや乳液、化粧水などで蓋をして悪化を防ぐことに効果的なんです。

 

洗顔や体を洗った後に放置をすると、放置時間が伸びるごとによって、次第に肌の水分も蒸発していきます。

肌にトラブルを抱えているときほど、丁寧なスキンケアが大切です。

どんなものを使ったらいいのか・・・と悩ンでいる方は『ホホバオイル』がおススメです。

アトピーや湿疹で悩んでいる方にもおすすめされる、天然成分のオイルです。

ホホバオイルって何?という方は、こちら『ホホバオイル×日焼け止め』をご覧ください♪

 

ただ、必ずしもホホバオイルが大丈夫!というわけではありません。

パッチテストを行ってから塗ることをおススメします。

また、 これでもかぶれが改善されない時には、皮膚科を受診する事です。

皮膚科では非ステロイド性抗炎症外用剤を使用した治療を行いますが、それも医師の指示に従って行って下さい。

 

 

日焼け止めでかぶれた!予防する方法

 

そして、かぶれた場合は再発を予防することも大切です!

どうやって予防するのが良いか、ポイントがあります。

 

保湿をしっかりとする!

 

日焼け Sunburn

 

かぶれを治すときにも気を付ける必要のある保湿!

日焼け止めを塗るだけで、肌を乾燥させる働きがあるので保湿は欠かせません。

正しい保湿をする方法、そして正しい保湿化粧品を選ぶことが大切です。

 

私はホホバオイルが無敵だと思っているので、ホホバオイルがおススメです。

100%オーガニックのものを選べば安全ですし、クレンジングも保湿もホホバオイルだけで完了してしまうのでコスパも良いです。

しかも、それ以外にも素晴らしい効果がたくさんあります。

 

ホホバオイルを使わないにしても、保湿をしっかりすることは絶対に行ってくださいね♪

 

SPFとAPを使い分ける

 

日焼け Sunburn

 

実際に使ってかぶれてしまった日焼け止めから、ほかの日焼け止めに変えてみるのもいいでしょう。

ただ、その時に選ぶポイントを見る必要があります。

 

日焼け止めには必ずSPFとAPが表記されています。

この2つは日焼け止めの効果と時間を表すものです。

使用する状況や環境によって使い分けることで、肌への負担を減らすことができます。

詳しいSPFとAPについてはこちらで説明をしています。

 

適切な強さの日焼け止めを選ぶことで、日焼け止めを落とすときの負担も減らすことができます。

強い日焼け止めを使う際には、より強い洗浄力のある洗浄剤を使う必要がありますし、保湿もよりしっかりと行う必要があります。

日焼け止めを選ぶことは、肌を整えることにつながっているのです。

 

また、低月齢の赤ちゃんにはできるだけ日焼け止めを塗らず、日陰で過ごす、日傘を差す、帽子をかぶる、などの方法で日焼け対策をすると安心です。

日焼け止めを塗る以外の正しい予防方法はこちらでもご紹介しています。

 

 

肌の免疫力をアップさせる!

 

日焼け Sunburn

 

日焼け止めを塗るお肌自体の免疫力を高めると、日焼け止めのかぶれを防ぐことにもつながります。

食べ物やサプリメントからも、お肌の抗酸化酵素の分泌を高めることができます。

 

  • カロテノイド類
  • フェノール類
  • その他デトックス効果の高い物

 

これらの食品を普段から意識して食事のメニューに取り入れていきながら、お肌の抗酸化酵素を生成できるになると予防につながります。

また、以下の食品も免疫力をアップさせる働きを助けてくれます。

 

  • コエンザイムQ10
  • 酵母エキス
  • ペプチド
  • ローヤルゼリー

 

抗酸化作用のあるサプリメントや成分を摂取することで、アンチエイジング機能も高まります。

免疫力の向上をめざしていくと、美肌にもかぶれ予防にもつながります♪

 

日焼け止めを正しいクレンジングで落としきる

 

日焼け Sunburn

 

正しいクレンジングを行わないと、お肌に日焼け止めが残ってしまいます。

そうなると、かぶれの原因にもなりますし、肌荒れの原因にもなります。

正しい日焼け止めの落とし方を行い、日焼け止めを残さず落としましょう。

正しい日焼け止めの落とし方はこちらでご紹介しています。

 

 

古い日焼け止めを使わない

 

日焼け Sunburn

 

日焼け止めの期限がどれくらいか、食べ物の賞味期限のようにはっきりしていないので「知らない」という方が多いかと思います。

日焼け止めによって異なりますが、一般的に言われている期間がこちらです。

 

  • 開封後 → 1年以内
  • 未開封 → 3年以内

 

しかし、オーガニックのものはもっと短くなります。

 

  • 開封後 → 6か月以内
  • 未開封 → 1年以内

 

これらはあくまでも目安ですが、できるだけ開封をしたら早めに使い切りましょう。

古い日焼け止めを使うことは、かぶれの原因にもなります。

開封後は細菌が繁殖しやすくなっているので、肌トラブルの原因になりやすいです。

 

塗らない日焼け止めを選ぶ

 

日焼け Sunburn

 

お肌に塗る日焼け止めだと、どうしても肌荒れしてしまいそうで怖い!というアナタ。

実は、お肌に塗らないタイプの日焼け止めもあります。

サプリメントタイプの日焼け止めで、肌から吸収された紫外線の影響を最大で55%ほどカットしてくれるそうです。

 

お肌に直接塗ることがないので、肌荒れのトラブルがありません。

また、副作用も報告されておらず、私の知っている飲むタイプの日焼け止めは年齢制限もありません

それくらい安全と言われています。

ただ、紫外線には2種類あり、飲むタイプの日焼け止めで効果があるのは1種類だけなんです。

完全には紫外線をカットできないので、刺激の低い日焼け止めと併用するか、日焼け防止グッズと一緒に活用するといいですね。

帽子や長袖などを上手に使いながら、飲む日焼け止めで紫外線の影響をカットするようにすれば、お肌への影響も最小限で済みます。

 

飲むタイプの日焼け止めについて、もっと詳しくご紹介していきますね♪