日焼けは【健康に影響】する!?その症状と効果

日焼けをすると、体は黒くなったり赤くなったり、肌の色として表れてきます。

しかし、日焼けが身体に及ぼす影響はそれだけじゃないんです!

 

日焼け Sunburn

 

実は、日焼けは健康にも影響があることを知っていますか?

日焼けによっておこる健康への影響と、その症状や効果をご紹介します。

 

 

健康に影響!?日焼けで起こる症状は?

 

日焼け Sunburn

 

日焼けをすると、まず肌の状態が変わります。

「炎症」を起こしたり、「日焼け」として肌の色が黒くなったりします。

それは、紫外線によってお肌に刺激が与えられるから。(→日焼けが起こる原因やメカニズムとは?)

 

そんな紫外線の影響は、どんな風に体に症状として現れるのでしょうか?

実は、いいことと悪いことの2種類の症状があります。

 

日焼けで起こるデメリットの症状

 

日焼けの影響で体に現れるデメリットの症状
  • 赤み(炎症)
  • 乾いたぶつぶつや、あせものような湿疹
  • 痒み、かぶれ
  • 腫れ、水ぶくれ
  • 発熱、寒気、頭痛
  • 目の充血、違和感
  • 蕁麻疹などの、紫外線や日光によっておこるアレルギー反応
  • 皮膚がん

 

こういった症状が現れるのは、日焼けによってお肌が炎症を起こしているときです。

お肌が赤くなっているときは、とてもお肌が乾燥し、敏感になっています。

そのため、正しいケアをしないとシミやシワなどの肌トラブルにつながりやすくなります。(→日焼けで赤くなる=シミになるってホント!?)

 

また、かゆみや水ぶくれ、腫れがひどい場合は病院での受診をおススメします。

酷い場合には寒気や発熱を伴います。

自己判断をせず、病院に行くことで治りも早くなります。(→日焼けで発熱や寒気!?どうする!?)

 

日光や紫外線に対して、アレルギー反応を起こすこともあります。

それは日焼け止めを塗っていれば防げる場合と、日焼け止めを塗っていても防げない場合があります。(→日焼けで起こる皮膚アレルギー反応!?ぶつぶつの原因はなに!?)

 

強い紫外線に当たっている場合、目からも紫外線が入っていきます。

そうなると、日焼け止めを塗ったり、紫外線予防グッズを使っていたとしても「目から紫外線」が入ります。

すると、目から入った紫外線で「日焼け」をしたり、ひどい場合は失明につながることもあります。(→目からの紫外線がヤバい!?最悪の場合失明って、どうして!?)

 

 

日焼けで起こるメリットの症状

 

日焼け Sunburn

しかし、日焼けにはメリットもあるんです。

というよりも、むしろ紫外線を浴びる必要があるんです!

 

 

実は、紫外線を浴びることが「健康」や「ダイエット」につながっているのです。

確かに、強い紫外線を浴びることで「シミ」や「シワ」の原因になります。

しかし、紫外線や日光を浴びなければ健康に悪影響を及ぼすこともあります。

 

日焼けで体を健康にするメリットは3つあります!

 

ビタミンDを生成する

 

日焼け Sunburn

 

私たちの身体は、紫外線を浴びることで「ビタミンD」を生成する能力を持っています。

ビタミンDはカルシウムの吸収と定着を助ける役割をします。

 

逆に言えば、ビタミンDが不足すると「カルシウム」がうまく働かなくなります。

そうなると、「骨粗しょう症」のリスクが高まり、将来的に「歩けなくなってしまう」なんてことにも・・・。

 

骨に与える影響は、今すぐに症状として現れるわけではないので、より実感しずらいことでもあります。

一定時間紫外線に当たるか、サプリメントや食事で摂取する必要があります。(→ビタミンD不足が身体に与える影響って?本当はとっても危険!?)

 

 

ダイエット効果が高まる!

 

日焼け Sunburn

 

ビタミンDの生成とも関係があるのが「ダイエット効果」です。

ビタミンDと一酸化窒素が結びつくことで、ダイエット効果が高まります。

 

筋肉を育てることを助け、新陳代謝が高まり、脂肪燃焼を促進します。

一酸化窒素を分泌させるには「運動」をする必要があります。

軽いウォーキングなどでもOK!

 

紫外線に当たりながら運動をすると、ダイエット効果がアップします♪

気になる方はこちらでチェックしてみてください!(→日焼けがダイエットに!?日光浴ダイエットのやり方と効果)

 

 

幸せホルモンが分泌される

 

日焼け Sunburn

 

日光の光に当たることで、幸せホルモンである「セロトニン」が分泌されます。

セロトニンは「幸福感」を感じるホルモンなので、リラックス効果やストレス解消の効果が期待できます。

 

セロトニンを分泌させるには「日光」に当たること。

紫外線でなくてもOKなので、セロトニンの分泌を目的に日光に当たるのであれば「日焼け止め」も塗ってOKです。

 

セロトニンの分泌で「幸福感」を得ることは、ダイエットにも効果的です。

幸福感は暴飲暴食を防ぎ、食事量をトータル的に減らすことができちゃいます♪(→日光を浴びて幸せに♪日光ダイエットで幸せを感じる方法)

 

 

日焼けは健康に影響する!

 

日焼け Sunburn

 

日焼けは、メリットとデメリットの両方を持っています。

アナタが「どうなりたいか」によって日焼けと上手に付き合っていきましょう。

 

体はビタミンD不足になるととっても危険です。

それに、ビタミンDを上手に作って体に取り入れることで「ダイエット効果」「幸福感」を感じる効果があります。

しかし、ビタミンDの生成は日焼け止めを塗っていてると、生成されなくなってしまうのです。

 

紫外線を浴びながら、少しでも肌トラブルを防ぐためには「美白」系のスキンケア用品をつかうことをおススメします。

美白系の化粧水クリーム美容液は「美白」を目指すだけでなく、紫外線による「黒くなる」作用を抑える効果があります。

そのため、日焼け止めを塗らずに紫外線に当たる場合は、できるだけそういった美白系の化粧品をつかっていきましょう。

 

また、飲む日焼け止めを使う方法もあります。

飲む日焼け止めは「黒くなる」ことは防げないのですが、シミや色素沈着の原因を予防することができます。

そのため、紫外線による肌トラブルは防ぐ効果が期待できます。(→飲む日焼け止めって?効果は?飲み方は?)

 

どうしても紫外線を浴びたくない!という場合は「ビタミンD」をサプリメントや食事で摂取していきましょう。(→ビタミンDをサプリメントで♪美白効果もあって一石二鳥!?)

その場合は、しっかりと日焼け止めでも紫外線予防をしていきましょう♪