髪にも【日焼け予防・ケア】が必要!?紫外線の影響で〇〇に!?

日焼けはお肌だけがダメージを受ける、と思っていませんか?

実は、お肌以外にも紫外線のダメージを受ける部位があるんです。

それはなんと、髪!!

 

日焼け Sunburn

 

でも、どうして髪に日焼け予防やケアが必要なのでしょうか?

実は、髪も日焼け予防やケアをしなければ、紫外線の影響でアルことが起こってしまうのです!

 

 

髪にも【日焼け予防・ケア】が必要!?紫外線の影響で〇〇に!?

 

日焼け Sunburn

 

紫外線の多い季節になると、お肌の日焼け対策を始めますよね。

それは、紫外線によって起こる「シミ」や「シワ」などの肌トラブルを予防するためや、肌を白く保つためです。

 

でも、実は髪にも紫外線の影響があるって知っていましたか?

髪のダメージのほとんどの原因は「紫外線」なんです。

 

髪が一番日焼けをしやすい!

顔も「鼻」や「おでこ」などの、高い位置にある部位が焼けやすいですよね。

ということは、体の中でも髪が一番日焼けをしやすいのです。

顔に比べて、3~5倍以上の紫外線にさらされています。

 

 

体の部位でも、もっとも太陽に近い位置にある頭だからこそ、髪が一番日焼けをしているんです。

特に、最も紫外線の多い夏は、冬の3倍以上も日焼けをしています。

 

髪が紫外線の影響を受けると、髪のトラブルにつながります。

髪はタンパク質でできているため、紫外線を浴びるとアミノ酸が分解されてしまうことで、枝毛や乾燥が起こってしまいます。

また、髪のメラニン色素が分解されると、髪の色が変わってしまうこともあります。

 

紫外線に当たってダメージを受けている髪に、「湿度」や「塩分」が加わると、さらにダメージが悪化します。

真水に比べて、海水のダメージは2倍も負担をかけるという実験結果も出ています。

ということは、夏によくあるシュチュエーションである「紫外線」と「海」は、髪に強いダメージを与えてしまうということです。

 

 

髪が日焼けすると、紫外線の影響で〇〇に!?

 

実際に髪が日焼けをすると、どうなるのでしょうか?

実は、4つも悪影響が起こってしまうのです!

どんな影響があるのか、一つずつ見ていきましょう。

 

キューティクルがはがれやすくなる

 

日焼け Sunburn

 

キューティクルとは、髪の一番外側を覆っている、髪を外的刺激から守ったり、水分が逃げだすことを防いてくれている成分です。

紫外線に当たることで、このキューティクルがはがれやすくなります。

 

すると、髪の中のたんぱく質や、保湿成分が外に流れ出てしまい、髪の水分が不足します。

水分が不足状態になった髪は「パサつき」「ツヤがなくなる」といったトラブルを招いてしまうのです。

 

 

ツヤ、パサつき、切れ毛、枝毛トラブルが増える

 

日焼け Sunburn

 

キューティクルがはがれて、髪を守ってくれる成分がなくなると、髪が乾燥し、ツヤがなくなります。

水分も保てなくなるので、パサつきも増えてしまいます。

 

さらに、強い紫外線は髪の内側になる「システィン結合」を切断してしまうのです。

システィン結合とは、タンパク質やアミノ酸の結びつきで、髪の強度を保つ構造のことです。

システィン結合を切断してしまうと、切れ毛や枝毛、抜け毛が増えることになります。

 

 

髪の色が褪せる

 

日焼け Sunburn

 

紫外線は髪の内側にあるメラニン色素を分解する働きがあります。

メラニン色素は、髪の色を黒色に保つ成分です。

 

メラニン色素が分解されると、髪は褪せて赤茶のような色になります。

ヘアカラーを行っていると、さらに影響を受けやすい状態になります。

 

ヘアカラーをしている髪は、色が抜けやすくなり、紫外線の影響を受けやすいです。

髪がもともと持っているメラニン色素はもちろん、ヘアカラーの色素も破壊してしまうのです。

色素が破壊されると、髪の色が退職し、赤茶色になってしまいます。

 

 

髪の老化現象が進む

 

日焼け Sunburn

 

紫外線を浴びると、肌には「シミ」や「シワ」などの肌トラブルが起こりやすくなります。

また、肌の老化のほとんどは「紫外線」が原因と言われています。

そんな紫外線の「老化現象」が起こるのは、お肌だけではありません。

 

頭皮が紫外線を浴びると、同じように老化現象が起こります。

髪を作るもとになる、毛母細胞が紫外線によってダメージを受けると、正常な働きができなくなります。

すると、抜け毛や薄毛が進んでしまうのです。

 

しかも!!

毛根にある髪を黒くさせる細胞が破壊されてしまうと、白髪が増える原因にもなるのです。

頭皮が日焼けによって乾燥すると「ニオイ」や「かゆみ」の原因になることもあります。

 

 

髪にも【日焼け予防・ケア】が必要!

 

日焼け Sunburn

 

髪がダメージを受けると、髪トラブルのほとんどの現象が起こってしまいます。

髪を日焼けから守ったり、ケアをすることで髪トラブルを防ぐことができます。

 

では、髪を守るにはどういった方法が良いのでしょうか?

日焼けから髪を守るには、6つのポイントがあります!

 

髪を日焼けから守る、6つのポイント
  • 日焼け予防アイテムを使う
  • シャンプーは低刺激なもの
  • 頭皮マッサージで血流促進
  • 髪を洗った後は栄養補給(保湿や外的刺激から守ってくれるもの)
  • UVカット機能つきの日焼け止めスプレー
  • 紫外線が強い時間帯の外出を避ける

 

この6つのポイントを押さえて、日焼け予防をしていきましょう!

詳しく1つずつ見ていきますね♪

 

 

日焼け予防アイテムを使う

 

日焼け Sunburn

 

日焼け予防アイテムとは、「日傘」や「帽子」のことです。

特に紫外線の強い時間帯には、これらを上手に使うことで、紫外線から髪を守ることができます。

 

また、同時に顔や身体も紫外線から守ることができるので一石二鳥ですね♪

日焼け予防に使用するアイテムの「色」や「形」なども、効果のあるものを選ぶと紫外線カットの効率が良くなります。(→日焼け予防アイテムを選ぶポイントは?)

 

 

シャンプーは低刺激のもの

 

シャンプーも、実は髪や頭皮の刺激になることがあります。

刺激の強いシャンプーから、低刺激のシャンプーに変えるだけで紫外線が与える髪への影響を減らすことができます。

 

シャンプーを選ぶポイントは3つです!

 

  1. UVカット効果
  2. 保湿効果
  3. 頭皮ケアができる

 

こういったシャンプーを選ぶことで、髪の状態を改善したり、紫外線予防をすることができます。

紫外線カット効果があるシャンプーは「シアバター」が含まれているものがおススメです。

化学成分のような人口成分ではなく、天然成分のものが理想的!

 

また、保湿効果のあるシャンプーを使うことで、パサつきや乾燥が減り、見た目や手触りが変わってきます。

そしてさらに、頭皮ケアの成分が入っているものを選ぶことで、抜け毛や髪が弱ることを防ぐことができます。

 

この3つのポイントを押さえたシャンプーでおススメなのは、この3つのシャンプーです。

 

 

この3つのシャンプーは、「UVカット」「保湿」「頭皮ケア」の効果がある成分が含まれています。

ケアをするのが面倒くさいな~と思ったら、まずはシャンプーを変えてみることからおススメします。

 

 

頭皮マッサージで血行促進

 

日焼け Sunburn

 

頭皮マッサージをすることで、血行を促進することができます。

血行が良くなると、髪や頭皮に栄養がしっかりといきわたりやすくなります。

毎日続けることで、抜け毛予防や髪質改善になります。

 

トリートメントをした後やお風呂上りがおススメ!

頭全体を指の腹で、気持ちいと感じる程度の力で3~5分程度押すだけ。

頭にはツボがたくさんあるので、頭全体を押してみましょう。

 

 

髪を洗った後は栄養補給!

 

日焼け Sunburn

 

お風呂上りなど、髪を洗った後は「栄養補給」をしましょう。

洗い流さないトリートメントや、スキンケア用品を使うことで、髪のパサつきや水分が逃げることを防ぐことができます。

 

髪はドライヤーの熱でもダメージを受けます。

ドライヤーの熱から髪を守る意味でも、洗い流さないトリートメントは使った方が髪の状態を整えることができます。

 

髪を紫外線やドライヤーの熱から守るには「ホホバオイル」が特におススメです。

髪の水分をしっかりと髪の内側に閉じ込め、紫外線やドライヤーの熱から守ってくれます。

 

また、ホホバオイルにはわずかに紫外線カット効果もふくまれています。

しかも、髪のまとまりが良くなったり、ツヤも出てくるようになるのです!

頭皮への栄養補給や、頭皮や髪のトラブルを防ぐこともできるマルチな効果を持つホホバオイルだからこそ、とってもおススメです♪(→ホホバオイルが頭皮や髪に良い理由とは?)

 

 

UV機能つきの日焼け止めスプレー

 

日焼け Sunburn

 

日焼けを予防するには、日焼け止めが必須!

実は、髪にも使えるスプレータイプの日焼け止めが販売されています。

 

スプレータイプのものだと、さっと髪に吹きかけるだけなのでとっても便利♪

しかも、日焼け止めを顔に塗り直す時にも使用すれば、化粧直しもとってもラクチンに!

 

ウォータープルーフだったり、UVカット効果の高いものだったり、いろいろなタイプのスプレータイプの日焼け止めがあります。

アナタの好みにマッチしたスプレータイプの日焼け止めをチョイスしてみてください♪(→スプレータイプの日焼け止め、おススメTOP3)

 

 

紫外線の多い時間の外出を控える

 

日焼け Sunburn

 

最後に、最も効果的なのは「紫外線に当たらない」ことです。

もし可能であれば、紫外線の多い時間帯の外出を控えましょう。

 

そうすることで、髪が紫外線に当たることもないので、予防も必要なくなります。

それが難しい場合は、しっかりと予防していきましょう。

 

紫外線の多い時間帯は10時~15時に、最も多く降り注いでいるといわれています。

この時間の外出を極力控えることで、髪へのダメージを減らすことができます。

 

 

髪にも日焼け予防・ケアでツヤツヤの髪に!

 

日焼け Sunburn

 

紫外線の影響は、お肌や髪に大きく関係してきます。

しっかりと日焼け予防やケアをすることで、ツヤツヤの髪をキープすることができちゃいます♪

 

お肌も髪も、どちらも紫外線による「乾燥」や「細胞の破壊」が大きなダメージになります。

しっかりと保湿し、守ることが大切です。

 

もし日焼けをしてしまったら、まずはしっかりと冷やしましょう。(→元の肌色に早く戻したい!日焼け後の正しい処置は「とにかく冷やせ」!?)

そして、そのあとには適切なタイミングと、適切なスキンケア用品でのケアが必要です。(→日焼け直後はちょ~敏感!美白化粧品は使ってはダメ!?)

 

また、日ごろから美白成分の含まれているサプリメントなどを服用することもおススメです。

美白成分を摂取することで、紫外線によって作られるメラニンの生成を抑えることができるので、日焼け予防にもなります。

紫外線による影響を抑えることができるので、アンチエイジングや肌トラブルの予防にもなるのです。(→美白・美肌サプリメントは、日焼対策になるってホント?おススメTOP3)

 

日焼けと上手に付き合っていくことで、お肌や髪を守っていきましょう♪

早く美白になりたい!というアナタには、早く美白になれる10のポイントもご紹介しちゃいます!