なぜ?日焼け後に、肌が赤くなる理由!

日焼け Sunburn

日焼けをすると、肌が赤くなりますよね。

「なんで肌って赤くなるんだろう?」と思いますよね。

 

日焼け後に肌が赤くなるには、体がある状態になっているからなんです。

日焼けによって肌が赤くなる理由を、次のような順番でお話ししてきます。

 

  • なぜ?日焼け後に、肌が赤くなる理由!
  • 日焼け後に肌が赤くなったら、するべき対処方法

 

 

なぜ?日焼け後に、肌が赤くなる理由!

 

日焼け Sunburn

 

日焼けをすると、肌が赤くなることってありますよね。

なぜ日焼けをすると赤くなるんだろうって考えたことはありませんか?

 

結論から言うと、肌が赤くなる理由は肌の表面が紫外線によって炎症を起こしているからなんです。

炎症がひどい場合は、「痛み」「ほてり」「頭痛」などを引き起こすこともあります。

 

 

もっと簡単に言うと、「かるい火傷」を起こしている状態です。

あつ~いフライパンに触れてしまった時、ヘアアイロンが首に当たってしまった時など、火傷をするとその部分が赤くなりますよね。

それと同じで、日焼けでも「かるい火傷」と同じ状態が引き起こされるんです。

 

そのため、火傷と同じように肌全体が赤くなってしまいます。

軽度の日焼けであれば、放置をしていても体に異常をきたすことはありません。

しかし、ひどい日焼けになると「体に不調」を感じてしまうことがあるのです。

 

その場合は、医療機関に行って診察を受けるようにしましょう。

どういった症状が起きやすいか、次のページで詳しくご説明しています。(→日焼けで体調不良とは?発熱や吐き気なども起る可能性があるってホント!?)

 

 

日焼け後に肌が赤くなったら、するべき対処方法

 

日焼け Sunburn

 

日焼けをした後の赤くなった肌は、放置をすると「シミ」や「くすみ」といった肌トラブルを引き起こしやすくなります。

また、日焼けが肌に残りやすく、元の肌色に戻りにくくなることもあります。

 

日焼け後にケアをしない場合、普通の火傷をしたときに放置することと同じです。

火傷を放置すると、傷跡になったり、治りが遅くなることが多いですよね。

 

 

それと同じで、日焼け後にケアをすることが「日焼け肌」からの回復を早める秘訣になります。

まずは、次のようなことを手順に日焼け後のケアを行っていきましょう。

特に肌が赤くなっている時は、この手順を踏まなければ日焼けからの回復が遅くなる可能性が高くなります。

 

 

詳しい内容は、上の項目をクリックするとみることができます。

その方法にしたがって肌の状態を整えていきましょう。

 

日焼けをして肌が赤くなっているということは、お肌は刺激に敏感になっています。

できるだけ肌に刺激の少ない服を着たり、肌をゴシゴシこすることは避けましょう。

また、肌が赤くなっている状態で紫外線を浴びると、肌の状態をさらに悪化させる可能性があるので、肌に刺激の少ない日焼け止めで肌を守るようにするのが理想的です。

 

どうしても肌に日焼け止めを塗りたくないばあは、長袖や帽子などを使って肌をカバーするのもOKです。

私はいつも顔だけメイクで紫外線を避け、残りの部分は日傘や長袖長ズボンで紫外線を防いでいます。