日焼け止めの使用期限っていつ!?1年前の日焼け止めは悪影響!?

日焼け止めって、ワンシーズンで使い切るのは難しいですよね。

それに、部屋の掃除をしていたら「あれ?いつの日焼け止め?」みたいものが出てきたり。

いつ買ったかわからない日焼け止め、いつ開封したかわからない日焼け止め。

「ちょっと不安だけど、捨てるのはもったいないな~。使えるのかな?」と思いますよね。

 

日焼け Sunburn

 

そこで!!

日焼け止めの使用期限や、どんなことを目安に使えるかどうかを判断するかをご紹介します。

また、使用できなくなった日焼け止めの便利な使い方もご紹介しちゃいます♪

 

 

日焼け止めの使用期限っていつ!?1年前の日焼け止めは悪影響!?

 

 

日焼け Sunburn

 

日焼け止めに使用期限はあるのでしょうか?

実は、あります!!

開封済みと未開封でも使用期限は異なります。

日焼け止めの使用期限はこのようになっています。

 

開封済みの日焼け止め

ワンシーズン、あるいは1年を目安にします。

ただ、無添加の日焼け止めの場合は6か月以内です。

未開封の日焼け止め

3年以内に使い切ることが目安です。

無添加の日焼け止めの場合は1年以内です。

 

日焼け止めに使用期限がある理由は、もともとワンシーズンで使い切ることを想定して販売されているからです。

だいたいの日焼け止めには防腐剤が入っているので、雑菌の繁殖をおさえてくれます。

しかし、その防腐剤も時間が経つにつれて、効果が薄れてきます。

そうなると一度開封をした日焼け止めは、美しくなるどころか肌トラブルを招いてしまうことがあるのです。

 

保存状態によっては、1年後も使える?

ただ、保存状態が良いと1年前のものでも使用することができるそうです。

また、時間が経過してもSPFやPAなどの効果は変わりません。

しっかりと保存をして、日焼け止めがどんな状態化を確認してから使用してくださいね♪

 

 

日焼け止めの保存方法と見分ける方法

 

日焼け Sunburn

 

1年以上保存したい場合は、しっかりと正しい方法で保存をしましょう。

気を付けるポイントは3つです。

 

  1. 直射日光に当たる場所を避ける
  2. 室内(常温)で保管する
  3. 容器の口元をふき取っておく(液ダレした状態で放置しない)

 

この3つをしっかりと守って保管しましょう。

ただ、この方法を守れば絶対に使える!というわけではありません。

できるだけ早面い使い切るのが理想です。

使う場合は、次の状態を確認してからお肌に塗るようにしてくださいね。

 

  • 酸っぱいにおい
  • 黄色に変色している
  • よく振っても分離したまま
  • 固まっている

 

質感やニオイから、危険だ!と思ったものは、日焼け止めが容器の中で「分離」を始めているからなんです。

ニオイや見た目が変わってきたら、古くなっているという証拠です。

その場合は処分をしましょう。

この状態でお肌に着けると、次のような症状が起こりやすいといわれています。

 

  • 酸化してシミやシワになる
  • ぶつぶつができる
  • 肌がガサガサになる

 

古い日焼け止めをつけると、肌トラブルのもとになります。

お肌を守るために塗っている日焼け止めで、逆効果にならないように、使用期限は守って使いましょう。

でも、せっかく日焼け止めを捨てるのはもったいないですよね。

そこで、日焼け止めをお肌に塗る以外に使える方法をご紹介しちゃいます!

 

 

日焼け止め、3つの有効活用!

 

古くなった日焼け止めを有効活用しちゃいましょ~!

実は、肌に塗る以外にも利用することができる方法があるんですよ♪

 

銅製品のサビとり

 

銅製品

 

ものすごいひどいサビには効果が低いですが、軽いサビやくすみには効果があります。

日焼け止めクリームに含まれるオイル成分が、サビやくすみをとってくれるんです。

磨く手順はこちらです。

 

  1. 布に日焼け止めクリームをつけて、サビやくすみのある部分を磨く
  2. 乾いた布で拭く

 

べたつくようであれば、水洗いをしてから、しっかりと水分をふき取りましょう。

この時に水分が残っているとサビの原因になりかねません。

ただ、細かい石や細工があるものは、日焼け止めクリームが隙間に入ってしまうこともあるので、控えた方が良い場合もあります。

 

 

油性マジックの汚れ

 

Oily pen

 

手に油性マジックが付いた場合、石鹸などで落とすのは大変ですよね。

そういう時に、日焼け止めクリームが役に立ちます。

日焼け止めクリームと油性ペンが付いたところをなじませて、ティッシュでふき取るだけ♪

 

 

シール・ステッカー剥がし

 

Sticker

 

頑固なシール、ステッカーを剥がすとき、日焼け止めクリームが役に立ちます。

日焼け止めクリームが浸み込まない素材であれば大丈夫です。

浸み込む素材の場合は、使用を控えた方が良いかと思います。

 

  1. 剥がしたい部分に日焼け止めを塗って、ティッシュぺーバーで覆う
  2. 時間を置いたら、タオルでふき取る

 

これだけでキレイにシールやステッカーを剥がすことができます。

とっても便利ですね♪

 

 

日焼け止めは古くなったら有効活用♪

 

日焼け Sunburn

 

日焼け止めの使用期限を守って、お肌をしっかりと守っていきましょう。

使えなくなった日焼け止めは有効活用できちゃうので、「捨てるもったいない」と思う方は試してみてください。

 

タイプ別におススメの日焼け止めも、ランキング形式でご紹介しています。

どんなタイプの日焼け止めが欲しいのかに合わせて選んでみてださい♪