日焼け止めって【毎日】塗るべき?なぜ?

紫外線が強い時期に日焼け止めを塗る必要があるのはわかるけど、毎日塗る必要ってあるの?

お肌に負担をかけそうだし、毎日塗るのはなんだか大変そう。

 

日焼け Sunburn

 

そう思っているアタナに、日焼け止めを【毎日】塗る必要があるかどうかご紹介します。

また、日焼け止めを塗らなくても【日焼け対策】ができる方法があります。

それもご紹介していきます♪

 

 

日焼け止めって【毎日】塗るべきなのはなぜ?

 

日焼け Sunburn

 

紫外線が最も強くなる時期は「4月~9月ごろ」です。

もちろん、この時期には紫外線対策は必要になってきます。

しかし、実は日焼け止めって毎日、しかも1年中塗る必要があるんです。

日焼けと直接関係のある紫外線には2種類あります。

 

紫外線A波:シミやたるみの原因

紫外線A波は肌の奥深く真皮まで届き、肌内部に活性酸素を作りだします。

そうなると、DNAを傷つけたり、コラーゲンやエラスチンも破壊し、シワやたるみなどの肌老化を招きます。

しかも!!窓ガラスや雲も突き抜けるため、曇りの日や室内でも注意が必要です。

 

紫外線B波:シミやそばかすの原因

紫外線B波は肌の表面が赤くさせ、炎症を引き起こします。

肌表面に発生した活性酸素は、紫外線を浴びなくても過剰なメラニン色素をつくり、やがて色素沈着となりシミやソバカスの原因に。

日焼けをした後に、すぐに症状を感じやすいので、「レジャー紫外線」とも言われています。

 

この2種類の紫外線がお肌に与える影響はそれぞれ違います。

肌を黒くするのは「紫外線B」ですが、シミやたるみの原因を作り出だす主な原因は「紫外線A」なのです。

 

しかも!!

紫外線A波は一年中降り注いでいるんです。

紫外線 グラフ
出典:ロレアル

 

ということは、「シミ」や「くすみ」を予防したい場合は、1年中毎日紫外線予防をする必要があるのです。

でも・・・

毎日日焼け止めを塗るのは、お肌の負担が心配・・・

日焼け止めはお肌を乾燥させるし、強い日焼け止めだと肌が荒れることも・・・・

どうしたらいいの?

 

と、心配になったアナタへ。

日焼け止めを毎日塗らないといけないのか、そしてそれ以外の日焼け対策があるかご紹介します♪

 

 

日焼け止めって【毎日】塗らないといけないの?

 

日焼け Sunburn

 

1年を通して毎日紫外線対策をしないといけないのかと思うと、少し憂鬱になってしまいますね。

しかし、毎日強い日焼け止めを使う必要はありません。

必要なのは、「紫外線が肌に吸収される」ことを防ぐことです。

 

そのため、まずは「SPFとPA」について知っておきましょう。(→SPFとPAとは?)

アナタが必要な状況に合わせてSPFとPAを選ぶことで、肌への刺激を最低限に抑えることができます。

例えば、目安としてはこんな感じ♪

 

SPFの目安

日常生活:SPF20

屋外での活動が活発な日:SPF30

晴天下のスポーツ・海水浴:SPF50

 

これを目安に、毎日の紫外線対策をするようにしていくと「日常生活」では肌に刺激を与えなくてすみます。

また、もし日焼けをしてしまっても、正しい日焼け後の対策をすぐに行えば大丈夫です!(→正しい日焼け後の対策は「とにかく冷やす!?」)

熱が出てしまうほどの激しい日焼け止めの場合は、こちらを参考にしてください。(→日焼けで発熱・寒気があるときはどうする!?)

そこで、私も行っている、毎日カンタンにできる紫外線対策をご紹介します♪

 

 

毎日できるカンタン紫外線対策「化粧下地」

 

日焼け Sunburn

 

紫外線の少ない時期や、少し涼しい時間帯や時期であれば、お肌の露出を少なくすることができます。

そこで、化粧下地にSPFとPAが含まれているものを選ぶことで、毎日自然に紫外線対策をすることができます。(→SPFとPAって何?)

私は化粧下地にも使えるクリームタイプの日焼け止めを「化粧下地」として使って、その上からフェイスパウダーだけをふるようにしています。(→化粧下地に使えるクリームタイプのおススメ日焼け止め)

 

私はロングヘアなので、髪を結ばなければ首の後ろは髪で紫外線予防ができています。(笑)

首の前側はどうしても露出してしまうので、その日に着る服によって露出部分はメイクをするときに同じ日焼け止めを使って塗っています。

便利なのは「メイク落とし」をするときに、一緒にクレンジングで落とせることです。

 

毎日のメイクと同時に日焼け止めを塗るので、ほとんど手間はありません。

しかも、クリームタイプはカバー力もあるので、私の場合はファンデーションもしていません。

使っているフェイスパウダーは「チャコット」というメーカーの「落ちにくいフェイスパウダー」です。

お肌のベタベタも防いでくれますよ♪(→日焼け止めのベタベタを防ぐ方法!)

 

 

毎日できるカンタン紫外線対策「ジェルタイプ」

 

日焼け Sunburn

 

実は、大人だけでなく子供にも日焼け止めが必要です。

それは、子供でも「皮膚がん」になる可能性があるからです。

しかし、強い日焼け止めを使う必要はありません。

子供に使う場合は、だいたい「SPF17、PA++」くらいが目安です。

 

特にアレルギーやお肌の弱い子供の場合、日焼け止めを選ぶ必要があります。(→敏感肌でも使える!優しい日焼け止めランキング)

そう考えると、子供と一緒に使えてすぐにカンタンに塗れる日焼け止めがいいですよね♪

 

そこで、ポンプ・ジェルタイプの日焼け止めであれば、子供も自分で塗ったり、一緒に塗ったりすることができます。

ジェルタイプは広がりも良く、ポンプタイプであれば子供もカンタンに使うことができるからです。

大人もでかけるタイミングでササっと使うことができちゃいますね♪(→ポンプ・ジェルタイプの日焼け止めランキング)

 

 

毎日できるカンタン紫外線対策「飲む日焼け止め」

 

 

「飲む日焼け止め」と聞くと、「一体どんな効果があるの!?」と耳を疑いたくなりますよね。(笑)

私もそうでしたが、よくよく調べてみると「とても効果的」だということがわかりました。

特に、日焼け止めを塗ると肌が荒れたりする方や、冬場に日焼け止めを塗りたくない方におススメです。

 

飲む日焼け止めは「紫外線A」を防いでくれる効果があります。

紫外線Aは先ほどもご紹介した通り、「シミ」や「くすみ」の原因になります。

紫外線Bが肌を黒くする、いわゆる「日焼け」としての症状を起こすので、紫外線Aはすぐに肌トラブルを起こすことがありません。

そのため、油断につながりやすいのです。

 

飲む日焼け止めは「紫外線A」を最大で50~60%程度カットしてくれる効果があります。

また、美容成分がたくさん含まれているので、「サプリメント」としても活躍してくれます。

 

もし、「毎日日焼け止めを塗りたくない」「サプリメントを探している」という場合は、飲む日焼け止めだと日常生活に取り入れやすいですよ♪

日焼け止めとは違って、肌の乾燥につながることもありません。

美容効果をゲットしながら紫外線カットができる、理想的なアイテムです!(→飲む日焼け止めとは?取り入れるときに気を付けることは?)

 

 

毎日できるカンタン紫外線対策「スプレータイプ」

 

日焼け Sunburn

 

「もうどうしても面倒くさい!」「毎日は嫌!」「飲むのも嫌」という場合は、スプレータイプにしてしまいましょう。

スプレータイプの日焼け止めはその名のとおり「スプレー」です。

そのため、メイクの上からや、髪にも使うことができます。

 

しかも、ウォータープルーフタイプまで販売されているので、汗や水に強いものもあります。

メイク直しや、日焼け止めの塗り直しの時にもとっても便利です♪

塗る日焼け止めよりも、場所を選ばずササっとお肌に振ることができます。(→スプレータイプの日焼け止めおススメランキング)

 

 

日焼け止め、毎日の使い分けが大切

 

日焼け Sunburn

 

日焼け止めは、毎日のシュチュエーションに合わせて使い分けることが大切です♪

アナタのお肌に合ったものを選んで、しっかりと肌トラブルを予防しましょう。

 

ただし、お肌にトラブルがすでに起こっている場合は「塗る日焼け止め」はNGです。

「赤くなっている」「ぶつぶつが出ている」などの場合は、塗ってもいいかどうか医療機関を受診しましょう。

あるいは、肌トラブルがおさまるまで待ちましょう。

 

日焼け止めを塗る際は、正しい塗り方で塗ることも大切です。(→正しい日焼け止めの塗り方)

日焼け止めが肌に合うかどうか不安な場合は、一度パッチテストを行うことをおススメします。(→パッチテストの方法)

また、日焼け止めを使った後は、きちんと落としておきましょう。(→ただしい日焼け止めの落とし方)

 

どんな日焼け止めを使うか迷っている場合は、タイプ別に日焼け止めをご紹介しています♪

そちらも参考にしてみてください。