日焼け止め【塗らない】とどうなる?

日焼け止めを塗るか、塗らないか、どちらが肌に優しいのかわからなくなることってありますよね。

 

日焼け Sunburn

 

日焼け止めを塗るか、塗らないか迷っているアナタへ。

そこで、日焼け止めを塗らなかったらどうなるのか、ご紹介していきます。

 

 

日焼け止め【塗らない】メリットとデメリット

 

日焼け Sunburn

 

日焼け止めは直接お肌に塗るため、お肌をしっかりと守ろうとしてくれます。

紫外線から肌を守るためにも、日焼け止めは今や欠かせないものとなっていますよね。

 

でも、日焼け止めって本当に塗らないといけないのでしょうか?

日焼け止めを塗った場合と、塗らな方場合のメリットと、デメリットの両方を見て、比較をしてみましょう。

 

日焼け止めを塗った場合

メリット

  • シミ、シワの予防
  • ニキビの悪化を防ぐ
  • 日焼け、炎症を防止
  • 皮膚がんを予防
  • 肌の老化を抑制

デメリット

  • 肌を乾燥させる
  • 肌トラブルの原因になることがある
  • 塗ること、塗り直しが手間
  • 日焼け止めでアレルギー反応が起こる場合がある
日焼け止めを塗らなかった場合

メリット

  • 肌への負担がない
  • ビタミンDの生成が可能
  • 日焼け止めによる肌トラブルが起こらない
  • 日焼け止め代がかからない

デメリット

  • 他の日焼け予防が必要
  • 美白ケアに気を付ける必要がある

 

日焼け止めを塗ることによって、紫外線が与える肌へのトラブルを防ぐことができます。

日焼け止めにも様々な種類が出ているので、極力肌への負担が少ないものを選ぶことで、日焼け止めのデメリットも解消しやすくなります。(→日焼け止めのタイプ別ランキング)

 

しかし、その一方で「日焼け止めを塗らない」という選択肢もあります。

その場合は、メリットとデメリットを理解したうえで、お肌をケアしていけば「美白」を保つこともできます。

 

では、日焼け止めを塗らない場合どうなるか、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

 

日焼け止め【塗らない】とどうなる?

 

日焼け止めを塗らなった場合、どうなるのでしょうか?

また、その場合に気を付けることもあります。

日焼け止めを塗らないで美白を保つ方法もご紹介します♪

 

日焼け止めの肌ダメージを軽減!

 

日焼け Sunburn

 

紫外線は肌老化を促す一番の原因です。

強い紫外線に当たることで、コラーゲンやエラスチンが破壊されて肌が乾燥します。

そして、メラニンが生成され、シミや色素沈着の原因になったり、DND自体を傷つけてガンの原因になることもあるのです。

 

これらを日焼け止めを塗ることで予防しています。

しかし、これらが予防できても、日焼け止めは肌へダメージを与えることもあります。

 

実は、日焼け止めには「肌を乾燥させる」という特長があります。

そのため、日焼け止めを塗った場合、乾燥を防ぐためのケアが必要になるのです。

 

また、日焼け止めには「紫外線カット成分」や界面活性剤、防腐剤などのお肌へダメージを与えるものが含まれているものもあります。

そのため、お肌が乾燥しやすい方や、肌が弱い場合、日焼け止めを塗るとお肌への刺激が強く使えない場合があります。

日焼け止めは肌を乾燥させ、慢性的なダメージを与えてしまいます。

 

日焼け止めは、塗ることで予防できることもありますが、塗らないことで肌へのダメージを減らすことができるのです。

状況や環境に合わせて、塗るタイミングを選ぶことが理想的です。

 

 

日焼け防止グッズで予防できる!

 

日焼け Sunburn

 

日焼け止めを塗らない場合でも、紫外線をカットする方法はあります。

それは、日焼け防止グッズを使用することです。

 

  • ツバの広い帽子
  • UVカット効果のある服
  • 日傘

これらを使用することで、紫外線をカットすることができます。

どんなタイプのものを選ぶかによって効果も変わってきますが、基本的には「黒色」が最も紫外線カット効果が高いといわれています。(→正しい紫外線予防方法)

 

日焼け止めを塗らなくても、紫外線をカットすることができるので、安心してくださいね♪

それに、日焼け止めを塗らない方が良い場合もあるのです。

 

 

ビタミンDの生成!

 

日焼け Sunburn

 

私たち人の肌は、紫外線を吸収することによって「ビタミンD」を生成するしくみがあります。

ビタミンDは食べ物からも摂取できますが、体が勝手に生成してくれるのでとっても便利です♪

ビタミンDはカルシウムやリンの吸収や、体への定着を助けます。

 

ビタミンDが不足をすると、骨粗しょう症や乳がんのリスクが高まります。

また、免疫力が低下することもあります。

 

近年では、日焼け止めを常用することが多くなり、20代女性の間で「ビタミンD不足」の割合が急増しています。

特に、今すぐ問題が起こるものではない分、実感もしずらいです。

そのため、意識的に「ビタミンD」不足に気を付ける必要があるのです。(→ビタミンD不足、本当はかなりヤバい!?)

 

 

日焼け止め【塗らない】場合は、しっかり予防!

 

日焼け Sunburn

 

日焼け止めを塗らない、という選択をした場合は、しっかりと紫外線対策をしていきましょう。

状況に応じて、塗るか塗らないかを使い分けることが最も理想的です。

 

例えば、レジャーや海水浴など、紫外線予防グッズでは予防しきれない時もありますよね。

そういったときには、日焼け止めを使用しましょう。

私も、普段は日焼け止めを使いませんが、そういったときにはしっかりと予防をしています。(→絶対に焼かない!日焼け止めランキング)

 

また、美白系の化粧水を普段から使用することで、美白成分をお肌に浸透させることができます。

万が一、紫外線に当たったとしても「美白成分」がお肌に残っていることで、日焼けを少しだけ抑えることができます。(→おススメの美白化粧水!選ぶには理由があった!)

 

そして、最終手段が「飲む日焼け止め」です。

飲む日焼け止めはサプリメントとして摂取することもできます。

美白成分や美肌成分もたくさん含まれているので、紫外線から肌を守るだけでなく、お肌にも効果的です♪

しかも、肌に負担をかけることなく「紫外線予防」ができるのがうれしいですよね♪(→飲む日焼け止めとは?バツグンの効果と気を付けること)

 

常に日焼け止めを塗らなくても、お肌を守ることができます。

万が一、日焼けをしてしまった場合は、きちんとすぐにケアをしてあげましょう。(→日焼け後のケアが最も大事!とにかく冷やす!?)

そうすることで、お肌を守り、過度な刺激からも守ることができます。