日焼けすると【脱毛】できない理由、どれくらいまでOK?

日焼けをすると肌が黒くなり、乾燥してしまいますよね。

そういった状態の時には「脱毛」を断られてしまうことがあるんです。

なぜ、日焼けをすると脱毛ができないのでしょうか?

 

日焼け Sunburn

 

また、どれくらいの日焼けまでだったら脱毛はOKなのでしょうか?

日焼けをすると脱毛できない理由と、どれくらいの日焼けまでOKなのかご紹介します。

 

 

日焼けすると【脱毛】できない理由は?

 

日焼け Sunburn

 

日焼けをすると脱毛できない理由は、脱毛のメカニズムに関係があります。

脱毛は「毛の色」に反応をして毛根にダメージを与えます。

そうすることで「黒い毛の色」と「毛根」にだけ集中してダメージを与えることで「脱毛効果」を引き出すことができます。

 

「黒い色」に反応するということは、もしお肌が黒かったらどうなると思いますか?

お肌にも脱毛器が反応して「ダメージ」を与えてしまうのです。

そうなると、「痛み」「肌トラブル」が起こってしまう原因になってしまいます。

 

日焼け肌は脱毛で痛みを感じやすい!

日焼けをしたお肌は「デリケート」で乾燥し、敏感になっています。

そのため、脱毛器の光によって「熱」によるダメージが引き起ります。

すると、乾燥がひどくなったり、色素沈着でシミができる可能性もあるのです、

 

お肌にトラブルが起こると、脱毛でツルツルのお肌にしても肌トラブルの方が目立ってしまいます。

しかも、お肌にも反応するということは、機械が刺激を与える範囲が広くなります。

そうなると「脱毛効果」も減ってしまうのです。

 

脱毛器の光の出力を低く調節すれば、お肌への刺激を減らすことができます。

しかし、それは毛への効果も減ってしまうということです。

日焼けをしていることで、脱毛効果を低くしてしまい、脱毛に通う期間も長くなってしまいます。

 

 

脱毛中の日焼けもNG!?

 

日焼け Sunburn

 

もちろん、脱毛中の日焼けもNGです。

脱毛をしているお肌は、通常よりも「敏感」「乾燥」をしている状態です。

そのため、敏感になっているお肌に紫外線を当ててしまうと、シミやシワ、そばかすなどの肌トラブルの原因になりやすいです。

 

しかも、強い乾燥を引き起こすると皮が剥けたり、水ぶくれになる場合もあります。

そうなると、脱毛の施術ができなくなってしまうことも。

 

日焼けの症状が治まるまでには、少なくとも2〜3ヶ月は必要といわれています。

脱毛も2〜3ヶ月ごとに通うことが推奨されているサロンが多いので、日焼けの症状が治まる期間と次回の脱毛までのインターバル期間はほぼ同じ長さということになります。

 

もし日焼けをしてしまったり、紫外線に当たる機会があった場合は要注意です。

日焼け中や脱毛中は、通常よりもお肌が乾燥しやすく、敏感になっているので、保湿などのスキンケアをおススメします。(→日焼け後、とにかく白く!乾燥を防ぎながら保湿と美白をする10の鉄則)

 

紫外線は一年中降り注いでいます。

日焼け止めや、紫外線予防をしっかりと行っていきましょう。(→日焼け止めは毎日塗らないとダメなの?)

 

また、どうしても日焼けをしてしまった場合は、正しいケアをしてできるだけ早く炎症をひかせましょう。

そうすることで、お肌の回復もできるだけはやめることができます。(→日焼けしてしまった!赤くなった肌はとにかく冷やせ!?)

 

 

日焼け肌で脱毛はどれくらいまでOK?

 

日焼け Sunburn

 

実は、具体的な「日焼け具合」は提示されていないんです。

そのため、これくらいまでならOKという「肌の状態」はサロンさんごとに異なります。

もともとの肌の色もあるので「できるだけ日焼けをしない」というのがベストです。

 

ただ、最近では脱毛器の種類も豊富になってきました。

しかも、脱毛自体のメカニズムも変わってきています。

そのため、日焼けをしていても脱毛ができる場合があるのです。

 

今までは「黒い色」に反応させて脱毛効果を促してきた脱毛器。

しかし、新しい機械では「毛の色」は関係なく、毛の毛根に刺激を与え、脱毛をするメカニズムに代わってきています。

そのため、肌が日焼けをしていてもOKだし、脱毛効果も変化がありません。

 

もし、日焼けの具合が心配な場合は「日焼け肌」もOKなサロンさんや、美容皮膚科を選ぶことをおススメします。

おススメの脱毛サロンで比較をしてみてください♪(→おススメの脱毛サロン!)

 

 

日焼け中の紫外線対策で注意すること!

 

日焼け Sunburn

 

脱毛期間中は、日焼け止めの使用を制限されることがあります。

脱毛をしてスグのお肌は、とっても乾燥しやすくデリケートです。

そのため、日焼け止めを塗ることで「乾燥」を招く可能性があり、肌トラブルを起こす原因になることもあります。

 

でも、脱毛の後に日焼けをしたらダメなんだよね・・・?

 

 

そうなんです。

脱毛中は「日焼け」はNG!

でも、紫外線がお肌に吸収されることは避ける必要があります。

 

そのため、できるだけお肌の露出を控えて、紫外線をお肌に吸収させないようにしましょう。(→紫外線対策!6つのポイントを押さえたら完璧)

脱毛をした次の日や、2日後からは日焼け止めもOKなので紫外線対策が少しカンタンになりますね♪

 

ただ、脱毛をしている間は紫外線に当たれないということは、体に悪影響を及ぼす可能性があります。

それは、紫外線に当たることで生成される「ビタミンD」が作られなくなるということ。

 

ビタミンDが不足すると、実は「肥満」などにつながりやすく、骨粗しょう症などの原因になるといわれています。

そういった健康への悪影響を減らすための対策も、紫外線予防と一緒に行うことをおススメします。(→ビタミンDが不足すると、アナタの身体には悪影響が!?)

 

また、同時に保湿をしていくこともおススメです。

特に美白系の化粧品を使うことで、紫外線を吸収しても肌を黒くする「メラニン」の生成を抑える効果があります。

美白・美肌を目指せる上に、日焼け対策になるのは嬉しいですよね♪