日焼けが【できない】のはなぜ?日焼けする方法はある?

夏になると、キレイに焼けた小麦色の肌がひときわ目立ちますよね。

そんな素敵な肌になりたい!

 

日焼け Sunburn

 

そう思って日焼けを試みても、なかなかキレイに焼けない・・・なんてことも。

日焼けができないのはなぜなのか?

そして、そんな体質のアナタが日焼けをできる方法があるのかどうか、ご紹介します。

 

 

日焼けが【できない】のはなぜ?

 

日焼け Sunburn

 

いざ日焼けをしよう!と思っても「日焼けができない」体質の方もいます。

それはどうしてなのでしょうか?

 

日焼けをすると「メラニン色素」が皮膚内で作られます。

そのメラニン色素は「紫外線」から身体を守るために作られ、肌を黒くする働きがあります。

 

肌が赤くなるのは紫外線の影響で血管が広がり、血流が早くなるので皮膚の表面が赤くなって見えます。

そして、黒くなるのはメラニン色素の働きなんです。

 

日焼けができない体質のアナタは「メラニン色素」が作られにくい特徴があります。

それは「紫外線」に対する抵抗力が低く、紫外線の影響を強く受けやすいので「細胞」へのダメージが大きくなってしまいます。

 

紫外線A波 B波
出典:ロート製薬公式サイト

 

この図のように、紫外線のA波は皮膚の奥深くまで侵入します。

紫外線が奥深くまで侵入すると、「遺伝子」が壊れたり、コラーゲンなどの保湿する成分が作られにくくなります。

また、皮膚がんの原因にもなるのです。

 

白人が日焼けをしずらいのは、こういった肌の特徴があるからです。

白人の皮膚がんの発生率が高いのは、紫外線の影響を奥深くまで受けてしまうから。

日本人でも、肌が白く日焼けをしない体質のアナタは、このように紫外線の影響を受けやすくなっているのです。

 

それに、皮膚がんはスグに発生するものではありません。

そのため、無理をしてまで日焼けをするのは避ける方が安全です。

 

紫外線に当たる回数が多くなればなるほど、肌へのダメージは蓄積されていきます。

シミやシワ、くすみなどの原因にもなりやすいので、肌トラブルを避けたい場合は紫外線予防をすることをおススメします。(→日焼けで赤くなる=シミができる?)

 

 

日焼けが【できない】日焼けする方法はある?

 

でも、そういったリスクがあっても【日焼けをしたい】という方もいらっしゃいますよね。

そんなアナタに、日焼けをする方法をご紹介します。

日焼けができないアナタにおススメの方法が2つあります。

 

セルフタンニングローションを使う

 

日焼け Sunburn

 

まずは、安全な方法で日焼けをしてみましょう。

セルフタンニングローションを使う方法です。

 

これは、紫外線に当たらなくても「小麦色の肌」になることができるローションです。

紫外線に当たる必要がないので、皮膚がんやシミ、シワなどの肌トラブルを回避することができます。

 

また、理想の小麦色の肌に近づけることもできちゃいます♪

心配な場合は、パッチテストを行ってから使用してくださいね。

セルフタンニングローションにも種類があるので、アナタの体質にあったものを選びましょう。(→セルフタンニングローションのおススメTOP3はコレ!)

 

 

 

日焼けサロンでチャレンジ

 

日焼け Sunburn

 

日焼けサロンで働いていた友人からのアドバイスをまとめました♪

 

  1. サロンに行き、店員さんに「日焼けで黒くならない体質」ということを伝える
  2. 体質に合った、おススメのマシンをチョイスしてもらう
  3. マシンに入る
  4. 24時間以上、3日以内に日焼けをしに通う(24時間たっても赤みが引かない場合はさらに間隔をあける)
  5. 1カ月程度続ける

 

人によって日焼けの強さは変わってきますが、炎症を起こさない程度に続けていくことが大切です。

一度に一気に焼いてしまうと、水ぶくれや皮が剥けやすくなります。

 

そういった肌トラブルは「黒くなりやすい人」でも起こります。

そのため、黒くならないアナタの場合は、さらにそういった「炎症」からの肌トラブルが起こりやすくなります。

できるだけ、一度に当たる時間を短く、でも時間をかけて日焼けをすることでキレイに日焼けをすることができます。

 

はじめは日焼けの下地作りをするために、3日以上たつ前に日焼けに行きます。

それは、3日以上日をあけると、前回日焼けしたものが落ちてしまうことが多いから。

 

それから、1度日焼けをしたら最低24時間は置いてから次の日焼けをしましょう。

24時間経っても赤みが引かない場合は、もう少し時間を空けて「赤みが引いてから」日焼けをします。

 

日焼けが【できない】を、キレイな日焼けに!

 

日焼け Sunburn

 

メラニン色素を持っている限り、必ず人は日焼けをすることができます。

一気に日焼けをするのではなく、時間をかけてじっくりと日焼けをすることが大切!

 

どうしても日焼けサロンに行きたくない!というアナタはキレイに日焼けをする方法で「無理をせず」日焼けを行ってみましょう。(→きれいな日焼けをするための5つのポイント!)

 

日焼けはムラになりやすく、炎症も起こしやすいです。

キレイに日焼けをするためには、きちんとポイントを押さえておきましょう。

 

それに、日焼けをすることでダイエット効果や、ビタミンDの生成などのメリットもあります。

そういった効果を生かすことも「日焼け」のメリットになります♪(→日焼けで痩せる!?日光ダイエットの方法とは?)