日焼け止めが【塗れない肌】のアナタに!最適な紫外線予防

日焼け止めで紫外線予防が主流になりつつありますが、日焼けを塗れない場合はどうすれば良いのでしょうか?

日焼け予防をすることはとっても大切です。

 

日焼け Sunburn

 

紫外線を浴びることによって「シミ」「シワ」などの肌トラブルを起こします。

そういった肌トラブルを予防するためにも、紫外線対策は必須なのです。

日焼け止めを塗ることのできないアナタには、日焼け止め以外に予防する方法をご紹介します。

 

 

日焼け止めが【塗れない肌】のアナタに!最適な紫外線予防

 

日焼け Sunburn

 

紫外線対策で日焼け止めを使用するのは当たり前のようになっていますよね。

でも、日焼け止めを塗れないお肌の場合、ほかの方法で予防する必要があります。

あるいは、次に当てはまる方は日焼け止めを塗らない方が、お肌をキレイに保てる可能性があります。

 

  1. 敏感肌、アトピー体質
  2. 肌が弱い
  3. あまり紫外線に当たる機会がない
  4. 日焼け止めをしっかり落とすケアができない
  5. 日焼け止め以外で紫外線予防ができる

 

日焼け止めは、肌の水分を奪い乾燥させる特徴があります。

研究が進み、保湿成分の入ったものや、乾燥しずらい日焼け止めも販売されるようになりましたが、お肌が弱いと「乾燥」に敏感になってしまいます。

 

また、あまり紫外線に当たる機会がないにもかかわらず、高い効果のある日焼け止めを塗ると「肌荒れ」のリスクの方が高くなることがあります。

シュチュエーションに応じて「紫外線に当たるとき」に日焼け止めを塗るようにし、それ以外は他の予防方法をとる方が良いこともあります。

 

日焼け止めはきちんと落とさないと、肌に残って肌トラブルの原因となります。

日焼け止めをきちんと落とせない場合は、塗らない方がいいこともあります。

 

では、日焼け止めを使用せずに紫外線を予防するのか、ご紹介していきます。

 

 

日焼け止めが塗れない!紫外線予防グッズを活用しよう

 

日焼け Sunburn

 

日焼け止めが塗れない場合や、塗らない方が良い状況の時には、紫外線予防グッズをフル活用しましょう♪

夏場に長袖や帽子をかぶるのは苦しいですが、紫外線の跳ね返りなどを考えると「日傘+長袖」が理想的です。

 

また、目から紫外線が入ってしまうこともあります。

しかも、目からの紫外線でも「日焼け」をすることがあるので、強い紫外線の影響を受ける場合はサングラスは必須です。

 

紫外線予防グッズを使用する際は、色や大きさ、どういったタイプのものが良いかも考えて選ぶ必要があります。(→さらに詳しい紫外線予防グッズを選ぶポイントはコチラ♪)

 

 

肌に優しい日焼け止めを使う

 

日焼け Sunburn

 

紫外線予防グッズを使用しても、どうしても紫外線を避けられない状況がありますよね。

人ごみの中や、アウトドアな環境に出かけたときなど、状況によっては人に迷惑をかけることにもなってしまいます。

 

そういった時には、敏感肌でも使用することのできる日焼け止めを使用しましょう。

アレルギー反応を起こしやすいといわれている「紫外線カット成分」が含まれていない日焼け止めも販売されています。

そういったものを使うことで、お肌への負担を減らすことができます。(→敏感肌でも使用できる!オーガニックな日焼け止めTOP3)

 

オーガニックじゃなくても大丈夫だから、もう少し強い日焼け止めがいい、という場合は「肌への負担」がすくない日焼け止めを選びましょう。

ノンケミカルだけど、お肌への負担は少ない日焼け止めであれば、比較的アレルギー反応を起こしずらいです。(→肌に優しい成分入り♪おススメTOP3)

 

「でもやっぱり、どうしても日焼け止めは塗れない!」というアナタには、「飲む日焼け止め」をおススメします。

 

 

体内から紫外線予防

 

日焼け Sunburn

 

飲む日焼け止めであれば、お肌に日焼け止めを塗らなくても紫外線を予防することができます。

「お肌に塗らないで紫外線がカットできるの!?」と疑いたくなりますよね。(笑)

 

飲む日焼け止めには「紫外線の吸収」を抑える効果のある成分が含まれています。

そのため、皮膚に侵入した紫外線の影響を抑えてくれる働きをします。

塗る日焼け止めほどの効果はありませんが、まったく何もしないよりも断然効果があります。(→飲む日焼け止めって他にどんな効果があるの?飲む際に気を付けるポイント)

 

また、サプリメントも日焼け対策には有効です。

特に美白成分の入っているサプリメントを定期的に摂取することで、紫外線に対する免疫がつきます。

 

飲む日焼け止めほどの効果はありませんが、皮膚が紫外線の影響を受けたときに「メラニンの生成を抑制」する働きをしてくれます。

また、紫外線に対する免疫がついていることで、紫外線による肌トラブルの原因を抑える働きをしてくれるのです。(→美白成分の入ったサプリメントを選ぶポイント、おススメTOP3)

 

 

日焼け止めが【塗れない肌】のアナタに!

 

日焼け Sunburn

 

日焼け止めが塗れないと、夏場の紫外線予防はとっても大変ですよね。

できることなら、しっかりと紫外線を予防したいです。

日焼け止め以外の予防方法を利用して、アナタの肌を守っていきましょう。

 

シミやシワなどの肌トラブルは「紫外線」が主な原因です。

また、老化の原因の8割は「紫外線」とも言われています。

美肌や老化予防といった意味でも、日焼け予防はとても重要なのです。

 

ただ、紫外線をすべてカットしたらいいというわけでもありません。

実は、紫外線に当たらないと「体を壊す」可能性もあるのです。

しかも、太陽の光に当たることで「ダイエット効果」がある場合も!!

 

適度に紫外線に当たり、お肌を守っていくことが健康な体と美しい肌の秘訣です。(→紫外線に当たらないと体に悪影響が!?太陽の光で痩せるってホント?)