日焼け止め【ベタベタする】をストップ!抑える方法とべたつかない日焼け止め!

日焼け止めがベタベタする!

特にあつ~い夏場には感じやすいですよね。

 

日焼け Sunburn

 

そんな日焼け止めのべたつきをストップさせる方法と、べたつかない日焼け止めをご紹介します♪

これでもう、日焼け止めのベタベタとはサヨナラしちゃいましょう~。

 

 

日焼け止め【ベタベタする】をストップ!

 

日焼け Sunburn

 

日焼け止めがベタベタするのはなぜなのでしょうか?

それは、汗をかいているから、皮脂分泌が多いからという理由だけではありません。

原因は、主に日焼け止めに含まれる成分にあるといわれています。

 

ベタベタする!日焼け止めの成分とは?

 

日焼け止め、ベタベタのもと「油分」

 

特にベタベタを感じる日焼け止めには「油分」が多く含まれています。

特にクリームタイプには多くの油分が含まれており、伸びや保湿能力は高いけれど、ベタベタしやすい特徴があります。

また、ベタベタするからと言って、タオルやティッシュでふき取ってしまうと、一緒に日焼け止めも取れてしまいます。

そうすると日焼け止めの効果も薄れ、紫外線をカットできなくなってしまうのです。

 

日焼け止め、ベタベタのもと「紫外線散乱剤」

 

そして、もう一つの成分が「紫外線散乱剤」です。

紫外線をカットするための成分は2種類あります。

そのうちの一つが「紫外線散乱剤」で、紫外線を反射させ、肌に紫外線が吸収しないように働きます。

「ノンケミカル」といわれ、お肌に負担がかかりにくく、肌が弱い方でも使えるのが特徴です。

 

しかし、「紫外線散乱剤」の粒は大きく、肌につけたときに「ベタベタ」しやすいというデメリットもあるのです。(→紫外線をカットする成分とSPFとは?)

白くなりやすい特徴もあるので、化粧崩れがしやすいのも紫外線散乱剤です。

 

じゃあ、肌に優しい日焼け止めを使ったら、絶対にベタベタしちゃうってこと?

解決方法はないの?

 

 

ノンケミカルといわれる「紫外線散乱剤」を使った日焼け止めはベタベタしやすいです。

しかし、最近では日焼け止めの研究が進み、ベタベタしにくい日焼け止めもたくさん販売されるようになりました。

あるいは、次の方法でベタベタを抑えていきましょう。

 

 

日焼け止め【ベタベタする】抑える方法とべたつかない日焼け止め!

 

日焼け Sunburn

 

ベタベタする日焼け止めの「ベタベタ」を抑えるには、「パウダー」を使う方法があります。

私は「身体にはベビーパウダー」、「顔にはフェイスパウダー」を使っています。

日焼け止めと一緒にパウダーを使うと、こんな効果があります。

 

  • 日焼け止めを落ちにくくする
  • ベタベタを抑える
  • 白くなることを抑える

 

日焼け止めのベタベタを抑えるだけでなく、日焼け止めを落ちにくくしてくれるのです。

日焼け止めを肌に塗った後、パウダーをすることで日焼け止めを肌に固定することができます。

また、肌にふんわりとベールをかけたように優しい質感に見せることもできるのです。

 

日焼け止めのベタベタを抑える「ベビーパウダー」

 


ベビーパウダーは赤ちゃんにも使えるので、とっても安心ですね。

使い方はとっても簡単♪

 

  1. 日焼け止めを塗る
  2. ベビーパウダーを上からのせる
  3. パフで上から押さえる

 

ポイントは、日焼け止めを塗ってすぐに上からベビーパウダーをのせます。

そうすることで、日焼け止めをキレイに塗った状態のまま固定することができます。

また、ベビーパウダーをのせるときにこすったり、強く広げてはいけません。

 

私は「大きめの筆」でベビーパウダーをのせています。

ぶわっと周りにパウダーが飛び散ることがあります。(笑)

そのため、パウダーが舞っても大丈夫な場所で行いましょう。

 

そのあとに、ベビーパウダーにセットでついているパフで「トントン」と押さえます。

押さえることで、ベビーパウダーと日焼け止めが馴染み、余分なベビーパウダーを落とすことができます。

この時に、「ゴシゴシ」こすってしまうと「ヨレ」の原因になります。

あくまでも、ベビーパウダーを肌にのせて、トントンと押さえてなじませる、ということをイメージして行いましょう♪

 

 

日焼け止めのベタベタを抑える「フェイスパウダー」

 

私がいつもメイクの最後に使っているパウダーです。

「チャコット」というメーカーのパウダーですが、「バレリーナ」や「舞台メイク」を目的に作られています。

そのため、汗や水に強いんです。

え・・・じゃあ、すごく色がしろくなったり、カラフルになったりするんじゃ・・・

 

と、心配になったアナタ、大丈夫です。

このフェイスパウダーは「白」なので、使った直後は「白く」なります。

しかし、だいたい20分くらいで肌に馴染んで、「白」ではなくなります。

透明感のある肌質に見えるようになるのです♪

 

しかも!

このパウダーを使うことで、日焼け止めの効果も持続しやすくなる上に、メイク崩れ長時間防ぐことができます。

 

  1. 洗顔後に化粧水などのスキンケア用品をつける
  2. 日焼け止めを塗る
  3. 化粧下地を塗る
  4. ファンデーションをされる方は、ファンデーションを重ねる
  5. フェイスパウダーを顔にのせる
  6. パフでトントンと押さえる

 

もし、コンシーラーなどで部分的に追加でカバーをしたい場合は、3と4の間(化粧下地を塗った後)に塗りましょう。

そうすることで、メイクが崩れにくく、日焼け止めもしっかりと紫外線カット効果を発揮してくれます!

ただ、こんなにたくさん顔に重ねて塗りたくない・・・と思った方もいらっしゃるのでは!?

実は私も、あまり重ね塗りをするのが好きではありません。

 

そこで、いつもはBBクリームとCCクリームが一緒になった日焼け止め兼化粧下地のクリームを使っています。

そうすることで、「日焼け止め→パウダー」だけでしっかりとカバーすることができています。

 

 

私は紫外線に当たるとぶつぶつができてしまう体質ですが、この方法だとしっかりと防ぐことができています♪

ちなみに、私が使っているクリームはラウディ BB&CCクリームです。

しっかりカバー力もあるのに、伸びが良く、日焼け止め効果も高めでおススメですよ♪

 

 

日焼け止め【ベタベタする】おススメの日焼け止めは?

 

日焼け Sunburn

 

ベビーパウダーやフェイスパウダーを使うことで、比較的どんなタイプの日焼け止めでもベタベタを防ぐことができます。

しかし、ベビーパウダーには抵抗がある、という方はベタベタしない日焼け止めを選びましょう。

 

特に「ジェルタイプ」の日焼け止めは、肌に優しいけれどベタベタしないものが多くあります。(→ジェルタイプの日焼け止めおススメランキング)

また、子供や敏感肌の方でも使うことのできるもの(→敏感肌でも使える日焼け止めランキング)、効果は高いけれどベタベタしない日焼け止め(→絶対焼かない!日焼け止めランキング)もあります。

どうしてもお肌に日焼け止めを塗る不快感が嫌だ、という場合は「飲む日焼け止め」「スプレータイプ」の日焼け止めもおススメです。