【背中の日焼け】美白ケアに困っているアナタへ!

日焼けをすると、赤くなったり、ヒリヒリしたり、肌トラブルを伴うことがあります。

そんな時、できるだけ早く肌を回復させたいですよね。

特に顔や背中は焼けやすく、痛みや炎症も起きやすいです。

 

日焼け Sunburn

 

しかし、背中はなかなか手も届かなかったり、どうやってケアをしたらよいのか困ってしまいます。

そんな背中の日焼けケアに困っているアナタへ、背中の美白ケアをご紹介します。

 

 

背中の日焼け、どうやってケアしたらいいの!?

 

日焼け Sunburn

 

日焼けをすると、2段階の症状が起こります。

最初に日焼け後2時間後くらいから、少しずつ肌に炎症が起こり始めます。

 

肌に炎症が起こるとどうなる?

肌に炎症が起こると、肌表面が赤くなり、ヒリヒリした痛みを伴うことがあります。

酷い場合は水ぶくれになったり、腫れたりすることもあります。

 

実は、「炎症を起こしている状態」=「火傷」と同じです。

そのため、日焼け直後から数日~1週間程度はこの症状が続きます。

 

炎症がおさまり、痛みなどがなくったら2段階目に入ります。

それが肌の色が「黒く」なる状態です。

 

痛みなどはありませんが、肌の色が通常よりも黒くなります。

強い紫外線に当たった場合は、皮が剥けたりしやすくなります。

 

この2段階に合わせて、日焼けケアを行う必要があります。

日焼け直後と、その1週間後では日焼けケアが違うので、アナタの肌状態に合わせてケアをしていきましょう。

きちんとケアをすることで、「シミ」や「シワ」などの肌トラブルを予防することができます。

 

 

背中の日焼け、炎症を起こしているときのケア

 

まず、日焼け直後の炎症を起こしている背中のケアからご紹介します。

炎症を起こし、肌が赤くなっている状態のときは、とにかく「冷やす」「保湿」が大切です。

 

とにかく冷やせ!

 

日焼け Sunburn

 

通常の火傷をイメージするとわかりやすいです。

通常、火傷をすると氷などで患部を冷やしますよね。

 

それと同じで、日焼けも同じ「火傷」です。

日焼けして赤くなっている炎症部分を冷やして、炎症を抑える必要があります。

でも、背中は手も届きにくいので冷やすのが大変ですよね。

 

手が届きにくい背中は、シャワーや水風呂で冷やすことが効果的!

 

 

シャワーで冷やす場合は、水圧が強くなりすぎないように、優しく背中に当てるようにしましょう。

また、水風呂に入る場合は身体を冷やしすぎないように気を付けてくださいね。

 

日焼けした部分を冷やすために風邪をひいてしまっては、どうしようもありません。

「心地が良い」と思う冷たさでOKです!

目安は15~30分程度冷やしていきましょう。

 

もし、シャワーではなく「氷」や「保冷剤」で冷やす場合は、炎症を起こしている部分を冷やしていきます。

直接氷や保冷剤を当てないように、清潔なタオルやガーゼで冷やしましょう。

 

とにかく保湿!

 

日焼け Sunburn

 

きちんと冷やして、炎症を抑えることができたら「保湿」を行います。

保湿は刺激にならないように、「保湿能力」が高く、刺激の低いものを使う必要があります。

 

日焼け直後のお肌は、とっても敏感になっています。

肌表面は荒れて、肌の水分が外へ逃げ出してしまっているのです。

そのため、肌は乾燥しやすくターンオーバーも乱れています。

 

正常な肌と乾燥した肌
出典:銀座肌クリニック

 

肌状態を整え、できるだけターンオーバーを正常化するには保湿をすることが最も効果的!

そして、美白成分などの入った保湿スキンケア用品は「刺激」となることが多いので、日焼け直後のお肌には使用できません。

 

保湿に使用できるのはこのような優しい保湿スキンケア用品です。

 

これらの肌に刺激の少ない保湿スキンケア用品を使うことで、刺激を与えずに保湿をすることができます。

だいたい日焼け後1週間後くらいまでは、このようなスキンケア用品を使って保湿していきましょう。

 

日焼けも立派な火傷です。

悪化すると治すのに、さらに時間がかかってしまいます。

もし、「水ぶくれ」や「むくみ」のような症状が肌に起きている場合は、病院での診察をしてもらうことをおススメします。(→水ぶくれ、むくみ、病院に行くべき?)

 

 

背中の日焼け、炎症が落ち着いてからのケア

 

日焼け Sunburn

 

炎症が落ち着き始めるのが、早い人で2日程度。

個人差がありますが、大体1週間程度で炎症は落ち着いていきます。

 

炎症を起こしているお肌に、きちんと保湿をしていれば「ターンオーバー」の回復も早くなります。

そのため、炎症が落ち着いてきたお肌には「美白成分」と「保湿成分」の両方でスキンケアをしていきます。

 

炎症が落ち着いているお肌は、日焼け直後に比べて肌表面が整ってきます。

しかし、それでも水分が不足していたり、ターンオーバーを整えようと細胞が一生懸命働いている状態です。

 

炎症が落ち着いてから、できるだけ早い時期に美白ケアに取り組むことで肌の回復は早くなります。

どんなケアをすればよいかというと・・・・

 

美白・美肌の鉄則10のポイントをご紹介しますね!

これらを実践することで、より早く日焼け肌から美白へと近づくことができます!