日焼け後は、ひたすらアロエ!?かゆくならない!?

日焼けをした時には、アロエを塗ったらいいって本当なのでしょうか?

アロエを塗ったらかゆくなった、という話も聞いたことがあります。

 

aloe

 

日焼けをしたお肌にどうやってアロエを使うと効果的なのか。

どんな時にアロエを使ってもいいのか。

日焼けをしたお肌にアロエを使う、効果的な方法と正しい情報をご紹介します。

 

 

 

日焼け後は、ひたすらアロエ!?

 

日焼けしたお肌にアロエが良い、というのは本当でしょうか?

日焼けしたお肌は「軽いやけど」と同じ状態です。

やけど状態のお肌は、とてもデリケートで繊細です。

少し間違えると、肌トラブルを起こしかねません。

そんなお肌に対して・・・

日焼け後の肌にアロエは?

アロエの成分は、肌の炎症を抑える効果があります

生のアロエを使うのか、アロエジェルを使うのかでも変わってきますが、正しい使い方をすれば効果的です。

アロエの既成製品はアロエのほかに添加物が入っている場合があり、それらが肌に悪影響を与えることがあるので、気を付けてくださいね♪

 

そうなんです♪

日焼け後のお肌には「アロエ」がいいというのは本当だったんです。

アロエに含まれている成分には炎症を抑え、紫外線によるダメージを修復する作用があります。

  • アロエシン
  • アロイン
  • アロエエモジン
  • ムコ多糖類
  • アミノ酸
  • 酵素

こんなにもたくさんの成分が複合的に作用して、日焼け後のお肌を整えてくれます。

しかも、シミやそばかすの原因になるといわれている、メラニン色素を作るチロシナーゼの働きを抑えてくれる効果もあります。

 

しかし!!

気を付けないといけないこともあるので、しっかりとポイントを押さえて使っていきましょう。

 

 

日焼け後のお肌にアロエを使う注意点とかゆみ

 

アロエの生葉を生で使う場合と、アロエ成分の入った化粧品を使う2つの場合があると思います。

アロエも使い方を間違えると、お肌に悪影響を耐えることがあります。

どんな悪影響があるの、そして使う場合はどんなことに注意するのか、ご紹介していきます。

 

日焼け後のお肌にアロエ、間違えると痒みになる!?

 

日焼け Sunburn

 

実際に日焼け直後にお肌にアロエジェルを塗った方の声をご紹介します。

激しい日焼けをして2日になります。

アロエジェルを塗りました。

肌の状態は真っ赤で、とても痛いし、かゆいです。

かゆいのはなぜですか?また抑える方法を教えて下さい。

僕は日焼けをして二日目になります。とても痛かったです。今もかなり痛いのですが、

アロエジェルを塗ったのが関係するのかがわかりませんが、かなり痒いです。

痛いので痒いところをかくこともできません。これはアロエジェルが原因なのかただたんに日焼けの痒みなのか。

どちらかわからず困っています。本当に痒くて痛いです。

ちなみに肌は真っ赤です。

ただ、このお二人の場合は日焼けがひどいことも関係しています。

アロエジェルを塗ったから悪い!というわけではありません。

 

ただ、ひどい日焼けの場合は化粧品などは使用しないほうがいい場合もあります。

使用してしまうと痒みにつながってしまうのです。

使用する場合は、きちんとパッチテストを行ってから塗ってくださいね。

 

日焼け Sunburn

 

日焼けをした直後は、きちんと正しい対処を行ってから、保湿を行うことも大切です。

正しい日焼け後の対処法を行うことで、元の肌に戻る早さや、後々の肌トラブルのあらわれ方も変わります。(正しい日焼け後の対処法)

そのうえで、アロエを使って保湿を行うとベストですよ♪

 

日焼け後のお肌にアロエ、パッチテストの方法

 

aloe

 

アレルギー反応が起きることもあるので、しっかりとパッチテストを行っておきましょう。

 

  1. 二の腕の内側など、目立たない場所にアロエを塗る
  2. 24時間様子を見る
  3. 赤み、かゆみが出なければ使用してもOK

 

生葉のアロエでパッチテストができない場合には、アロエエキス配合の市販品を使うようにしましょう。

これでOKだった方は、アロエやアロエ商品を使ってケアを行えます。

その時に注意することや、使い方はこちら♪

 

 

アロエの生葉を使用する場合

 

aloe

 

アロエの生葉を使用する場合には、葉に付着した雑菌による感染症に注意が必要です。

 

  1. 葉の中のゼリー部分を切りとる
  2. 熱湯をかけ、消毒する
  3. 炎症部分に塗る

 

葉のゼリー部分の取り出し方は、とっても簡単♪

両脇についているトゲを切ってから、皮と果肉の間に包丁をいれて皮を剥いていくだけです。

ス~っと皮が剥け果肉が出てくるので意外と簡単ですよ。

 

アロエの感染症に注意!

ただ、アロエの生葉を使用する場合は、葉に付着した雑菌による感染症に注意が必要です。

患部に塗る時は、アロエを熱湯消毒または煮沸消毒して冷ましてから使用しましょう。

 

あるいは、ゼリー部分をとるのが面倒くさい!という方。

そんな方にはアロエをミキサーで葉ごとかけてしまう、という方法もあります。

 

  1. アロエの葉を綺麗に洗ってトゲを削ぎ落とす
  2. 2~3分熱湯で煮沸
  3. 皮ごとミキサーで細かくする(この時少し水を足すと使いやすくなる)

 

とっても簡単ですよね。

ただ、ミキサー細かくする場合もしっかりと熱湯で消毒をしてください。

もし余ってしまった場合は、冷凍して保存できます。

アロエを塗った後は、乾燥を防ぐためにワセリンやベビーオイル、ホホバオイルなどで保湿をしておくとバッチリです♪

 

 

アロエ成分配合の化粧品を使用する場合

 

アロエ軟膏やアロエ化粧水などは、様々な種類のものが販売されています。

選ぶポイントは、アロエの純度が高いものを選ぶことです。

アロエ以外に添加物などがたくさん入っていると、肌に悪影響が出てしまう場合もあるからです。

アロイズシリーズは肌への吸収がいいのでよいですよ。

日焼け直後のほてりには、市販のアロエ化粧水やアロエジェルなどを冷やして使うのが効果的です。

炎症が治まってきても、皮膚の乾燥を防ぎ、肌の回復を助けるために続けて塗るようにしましょう。