【美白ケア】今する、しないで差が出る20年後!画像で比較

日焼け止めは塗っているけど、美白ケアはしていないという方も多いのではないでしょうか?

なんだか美白ケアって、面倒クサいイメージがありますよね。

 

日焼け Sunburn

 

でも、実は美白ケアをする、しないで20年後に大きな差が出る可能性があるんです。

特に紫外線の影響はお肌に大きな影響を与えます。

20年後の画像で比較をしてみましょう。

 

 

【美白ケア】今する、しないで差が出る肌老化!

 

日焼け Sunburn

 

紫外線予防をされている方はご存知の方も多いと思います。

紫外線は「シミ」「シワ」といった肌トラブルを招く原因になっています。

 

それは、紫外線が肌に与える影響がとっても大きいから。

実は、肌老化の原因の8割は紫外線だといわれているほどです。

 

紫外線は肌を乾燥させ、紫外線が皮膚に吸収されることで「細胞」や「遺伝子」を破壊することもあります。

しかもなんと、「タバコ」よりも悪影響があるとも言われているんです。

 

タバコは健康を害するので、医学的に禁煙が推奨されていますよね。

そんなタバコですら「タバコの害は紫外線に次ぐ」といわれているのです。

 

ということは、紫外線が与える肌への影響は「タバコ」よりも強いということ。

紫外線を予防することは肌老化を予防することにもつながるのです。

 

タバコが与える肌への悪影響
  • 肌のハリが失われる
  • 顔全体が乾燥している
  • シワやほうれい線が目立つ
  • たるみが目立つ
  • シミができやすい
  • 吹き出物などトラブルが多い

 

タバコを吸い続けると、このような肌トラブルにつながっていきます。

肌トラブルだけでなく、見た目年齢も通常よりも老けて見られることが多くなり、肌の老化現象も進んでいきます。

 

そしてこの肌トラブル一覧、どこかで見たことはありませんか?

実は、タバコによる肌トラブルと、紫外線による肌トラブルはとても似ている傾向があるんです。

 

 

タバコと紫外線の肌トラブルが似ている理由

 

日焼け Sunburn

 

タバコを吸うと、ニコチン以外にも体に与える影響があります。

それは、肌にとって大切な栄養素である「ビタミンC」を壊す働きです。

ビタミンCはお肌にとっても素晴らしい働きをしてくれます。

 

  • シミの原因であるメラニン色素の抑制
  • 肌のハリに必要なコラーゲン生成を促進

健康な肌を保つためには「ビタミンC」を欠かすことができません。

しかし、タバコによってビタミンCが不足すると、肌のハリが失われ「たるみ」が目立つようになります。

 

そして、シミの原因であるメラニンの活動を抑制する働きができなくなります。

すると、シミやシワができやすくなり、肌トラブルを防ぐのが難しくなってしまうのです。

長い間喫煙を続けることで、20年後には喫煙者と非喫煙者の間で大きな差があるのは「ビタミンC」が身体の中で活動できているか、という違いがあるからなんです。

 

では、紫外線ではどういったことが起こるのかというと。

紫外線A波 B波
出典:ロート製薬公式サイト

 

この画像のように、紫外線は皮膚の奥まで侵入しようとします。

そして、皮膚の奥に侵入した紫外線から肌を守るために、「メラニン色素」が生成されます。

 

この時に「ビタミンC」があれば、メラニン色素が生成されすぎることはありません。

しかし、もし「ビタミンC」が不足していると、体の細胞が頑張りすぎて「メラニン色素」が過剰に作られるということになるのです。

 

過剰に生成されたメラニン色素はお肌の中にとどまり、シミの元として待機することになります。

この時に日焼け後の正しいケアや、美白ケアをきちんと行っておくことで「ターンオーバー」が正常化し、シミの元は細胞が生まれ変わることで身体の外に排出されます。

 

しかし、メラニン色素がそのまま肌の奥に残っている状態だと、数年後には「シミ」として肌表面に現れることになるのです。

メラニン色素がとどまることを防ぎ、ターンオーバーを促進させるには「ビタミンC」が欠かせません。

 

ビタミンCがすべてのポイント!

タバコによる「ビタミンC」の破壊で、ビタミンC不足から肌トラブルが起こること。

紫外線の影響を受けたときに「ビタミンC」が不足していると、メラニン色素の過剰生成が抑えられず、肌トラブルにつながること。

この2つは、どちらもビタミンCの不足が原因で「シミ」「シワ」などの肌トラブルにつながっているんです。

 

「紫外線」を予防することと、「禁煙をすること」は違うようで、「ビタミンC」という成分でつながっているんです。

では、実際に画像で比較をしてみましょう。

 

 

【美白ケア】今する、しないで差が出る20年後!画像で比較

 

美白ケアで20年後を比較しているものを用意することができませんでしたが、「喫煙者」と「非喫煙者」を比較する画像を用意しました。

双子という遺伝子の似ている二人で「喫煙・非喫煙」に対する違いの検証が行われました。

 

肌 比較
出典:https://sugu-kinen.jp/harm/beauty/

 

画像はフィリピンでシュミレーションされた画像です。

実際に検証が行われたのはアメリカのオハイオ州。

 

写真を比較してみたところ、双子のうち喫煙した方が明らかにシワが目立ちます。

さらに、長期喫煙者の方がより老けて見えます。

 

ほかの調査でも喫煙者の肌トラブルとして、シワを始めシミ、くすみ、ニキビが治りにくいなどの声が挙っています。

この画像からもわかるように、「ビタミンC」がどれだけお肌に大切かということがわかりますよね。

 

 

でも気を付けて!紫外線予防だけだと危険なことが起こる!

 

日焼け Sunburn

 

ただ、一つだけ気をつけなければならないことがあります。

それは、紫外線予防をしすぎると「ビタミンD」が不足をするということです。

 

実は、私たちの人は紫外線に当たることで「ビタミンD」を生成する働きがあります。

食べ物やスキンケア用品を使うことなく、植物の光合成のようにビタミンDを生成することができるのです。

 

そのため、ビタミンDは私たちの身体にとって「必要不可欠」な働きをするのも事実です。

ビタミンDが不足すると「骨粗しょう症」のリスクが高まり、痩せにくい体になります。

 

しかも!!

紫外線を予防するために塗る「日焼け止め」は、紫外線に当たってもビタミンDを生成することができないようになっているのです。

そのため、日焼け止めを塗って完全に紫外線を予防したり、日焼け予防グッズをフル活用すると、ビタミンD不足を招くことになります。

 

え・・・じゃあ、どうすればいいの?

紫外線に当たったら「肌老化」が進むし、ビタミンDが不足したら「骨粗しょう症」や「痩せにくい」リスクがあるんだよね。

 

 

そうなんです。

そのため「日焼け予防」も「紫外線に適度に当たること」も、どちらも大切なことなんです。

 

では、どうやって解決するか!?

そのベストな方法はこちらです!!

 

 

紫外線予防は完璧に!ビタミンDは補う!

 

日焼け Sunburn

 

そこで、最も理想的なのは「紫外線予防」を完璧にして、ビタミンDは「食べ物」や「サプリメント」で補うということです。

そうすれば、紫外線による老化を防ぐことができ、ビタミンDが不足することもありません。

 

しかも!!

特にサプリメントで補う場合は、ビタミンD以外の美容成分や美白成分も摂取することができます。

特に「ビタミンC」の入っているものを選ぶことで「美白」「美肌」を目指すことができます。

 

喫煙者の方の場合は、タバコをやめられない場合「ビタミンC」を積極的に摂取することをおススメします。

ただ、一度に摂取しても水分に溶けやすく、「尿」や「汗」として体外に排出されやすい傾向があります。

そのため、摂取する際は1日に何度か分けて摂取するようにしましょう。

 

また、ビタミンDも摂取のしすぎは逆効果になることがあります。

サプリメントの場合は、適切な量を守って摂取するようにしましょう。

 

ビタミンDとビタミンCが含まれているサプリメントを選ぶことで、美白・美肌予防はばっちりです♪

この2つの成分と、さらに美容効果の含まれているサプリメントを探すのは一苦労です。

そこで、おススメのサプリメントをランキング形式でご紹介しますね♪

 

また、飲む日焼け止めもおススメです。

飲む日焼け止めの場合、日焼け予防効果もありますが、ビタミンDが含まれているものもあります。

飲む日焼け止めについて、そしてビタミンDを含む飲む日焼け止めも一つご紹介します。